フランスの遊び心が生んだ「Wikipedia」を使ったゲーム

これを知った途端、やってみたい!楽しそう!と思いました。日本でも流行るんじゃないかな〜。

発祥はフランス。2年前に始まった、Wikipediaを利用して楽しむゲーム「WikiWars」です。今でも人気は衰えず、パリでは月2回もこのゲームをするためのイベントが開催されています。

肝心のやり方ですが、とってもカンタン!“スタートワード”が与えられて、そのワードのWikipediaのページにあるテキストリンクを何度も押して、“ゴールワード”にたどり着くまでのタイムを競います。例えば、“害虫”から“安倍晋三”へ、といった感じ。書いてある内容なんてチェックしません!早い人はだいたい3分くらいで終わるのだとか(スゴいのかどうかは分からない……)。

特別なゲーム機も要らないし、スマホでもできる遊び。周りで見ているのも楽しそうですね。それにしても、Wikipediaを調べるためじゃなくてこんな風に使うなんて、かなりオモシロい。

Reference: WikiWars
Top image: © 2018 WikiWars
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

さまざまなデータを収集し独自の統計データベースを持つ会社「Statista」が発表した2019年の「Wikipedia」ランキング。人気のアメコミ作品など...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
ノースウェスタン大学の研究で、バッテリーを取り除いたゲームボーイを実現してしまった。シャーシ前面の太陽光パネルとボタン操作による電力でゲーム機が駆動。ゲー...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
福島県の事業者マッチングを支援する「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」が「ふくしまのウェルネスフード」シリーズを企画した。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...