紙でできた「貴族たちのヘアスタイル」は、見れば見るほど夢中になる。

バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、どんな人物だったかよりも、むしろインパクト大なビジュアルの方が、今でも脳裏から離れません。

アーティストのAsya Kozinaさんは、そんな歴史的なファッションに強く惹かれて、バロック様式のカツラを作り出しました。それも紙で。

歴史に残る「カミ型」。

E778915d28e349f286fc3edbd64c17963a4fa400

中世ヨーロッパの家族を再現した記念写真をパシャり。「あら、そのヘアスタイル素敵ね」。そう、褒め合う姿を想像するだけで微笑ましい。

もちろんこれは、ただの“なんちゃって写真”じゃありません。見れば見るほど、「紙」で作ったそのスゴさに気づいてしまうんです。

6ec9b1fcb6bbfa06d830c9f8e2759bb9833ff5502dd0cc304383b5ceb48b59f83e336c944cb7606aB08f8a083cd8c5afc38ed8ff57a471079f269fa19146f66b95bafd1a30c581a3cfee502feec45c76

バロック時代のファッションだけではなく、毛束感や髪のカールも見事に表現されています。でも、スゴさはこれだけには止まりません。

「紙だけ」で、
ここまでやりました。

F130910a7d273eb8329d52b81468c240907609df

Asyaさんの作品は、カツラだけではありません。伝統的な民族衣装も「紙」だけでご覧の通り。

0b05f68f8d5551c05a0dd37ac799c836d5b70da6Ae24c6e4517253697df5c83ae0dc93e86e58219d

気が遠くなりそうな細やかな模様のドレスは、全て手作業だそうです。

もしも、これが中世の時代に登場していたら……歴史に残るファッションになっていたかも。

Licensed material used with permission by Ася Козина
美しいドレスですが、これ、「紙」でできているんです。タイトルは「World Brides」。ロシア人アーティストAsya Kozinaさんによる作品です。...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
アーティストのAnn Woodの標本はとてもリアルで美しいけど、なんと紙とハサミで作られています。シンプルな素材からできたとは思えないほど、緻密な作品に圧...
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
アメリカ、ノースカロライナ州のデザイナーであるOlivia Mearsさんは、クリスマスプレゼントのラッピングを利用してニューイヤー祝いのハイクオリティな...
刺繍のように細かくて複雑なんだけど、どっしりとした迫力があります。一枚一枚を手で丁寧に加工して完成した肖像画は、ペーパーアーティストとして活躍するYuli...
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...