ネットで話題!5才の女の子が教える「ヘアスタイルの作り方」

いろいろな髪型を試せるのは、女の子の特権。「アレンジってむずかしいから」と避けている人、5歳のマグノリアちゃんが教えてくれますよ。動画ビュー数はなんと7万2千以上!数字がプロ顔負けの手際の良さと仕上がりを物語っていますよね。それではその技を見ていきましょう!

三つ編みを応用した
「アップドゥ」

B4cb8272ff5d9b55f0ba093f98e2fa4bee901dfe

耳の上で前後に髪を分けます。

57845e3d85619150fb59cc839a504c929ccfcfc9

後ろの髪を三つ編みに。上1こを真ん中に、下2つは両サイドに作りましょう。編んだらそれをくるっと巻き、ピンで留めておだんごに。

5004c07891fea21d86b7c38b0649bdf60a74e7f6Ab6ba58c9565ea6cbc561da2efb68369bca0105b

こんな感じになったら、

D28a17ec3a6c52a5ce123e26eca91f2b0c988d15

残しておいた前髪部分を真ん中より下でゆるく編みましょう。上のおだんごへ乗せて、あまった髪の毛をピンで留めたら

17bdf455754ce41c119687c6cb73cfc18dfa30b0

できあがり!この美しさ…、圧巻です。一見むずかしそうに見えるアレンジですが、三つ編みを駆使しているので、初級者にもチャレンジできそう。何度か見て練習したら自分でも再現できそうな感じがしませんか?

他にもマグノリアちゃんのビデオを見たい!という人はこちらからチェックを。

Licensed material used with permission by theconfessionsofahairstylist
もしも、せっかく企画した誕生パーティに誰も来てくれなかったら、とても悲しい気持ちになるでしょう。ましてやそれが、5歳の女の子だったら?そんな女の子を、絶望...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
普段から家庭内で、「太っている」という言葉に対してポジティブな見方をするよう子どもたちに伝えているAllieさん。誰でも脂肪はついているし、脂肪は私達を守...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
5歳のBarbaraちゃんは、プロのキッズモデルではなく、ごくごく普通の家庭で育った女の子。ただ、ちょっと普通の家庭と違うのは、中学校の先生をする母親のA...
Alya Chaglarさんの娘のStefaniちゃんは、オシャレが大好きな3歳の女の子で、フルーツ、野菜、植物のドレスを着ているような写真がInstag...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
明日のため、寝る前にするヘアセットの下準備。三つ編みをして寝ると、朝にはパーマをかけたようなカールができている、いわゆる「貧乏パーマ」が有名ですが、これか...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...