ビーチで「トップレス」を注意した仏警察に非難殺到

人権大国・フランスならではのニュースをご紹介。

フランス南部のサント・マリー・ラ・メールのビーチでトップレスで日光浴を楽しんでいた女性グループに対し、ビーチを訪れていた家族連れからの苦情を受け、警官が服を着るよう求めた。この一件に対し、SNSでは抗議が殺到。

「ビーチでの私たちの権利を奪うな」「フランスに性的抑圧が忍び寄っている」など、トップレス擁護の声が続出。

事態を受け、現地警察はFacebookで「不手際があった」と認める発表をするも、火に油を注ぐ展開の大炎上。

ついにはジェラルド・ダルマナン内相もトップレス女性たちを擁護するTwitterを投稿。「自由は貴重なもの、女性が注意を受けたことは過ちだ」と述べた。

ところで、フランスにはトップレスでの日光浴に対する公的な禁止令はなく、水着着用の義務は自治体ごとの条例で決まっているのだそう。ちなみに、同市ではトップレスを禁じてはいない。

近年では、トップレスでの日光浴をするフランス人女性は減少傾向ともいうが、マイノリティでも権利は権利、ということがよくわかるニュースだ。

Top image: © iStock.com/Bolot
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...