アルゼンチンのプリンは、ビスケットがなければ始まらない

世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂糖とコンデンスミルクで、これでもか!と甘みをつけた牛乳を固めてつくるデザートです。

プリンが主役、
ビスケットも主役!

そのままスプーンですくって食べる、オーソドックスなスタイルもあり(ちなみにこちらは本場流)ですが、ビスケットとの相性が抜群。そこで、ちょっとだけ“ゆるめ”につくって、ビスケットにオンして食べるというスタイルもあるようです。また、固める前のプリン液にビスケットを沈めておく、なんてレシピも。

つまりは、ビスケットを美味しくいただくためのプリンとして、マリアージュを楽しんじゃいましょう!

 

〈つくり方〉

まずは鍋に牛乳(300ml)、コンデンスミルク(100g)、黒砂糖(60g)を入れ、中火で熱して黒砂糖をとかしていきます。耐熱ボウルに水(大さじ3)を入れて、粉ゼラチン(7g)を振り入れ、600Wのレンジで40秒加熱してとかしたら、先ほどの鍋のプリン液を加えて混ぜます。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めてできあがり。

食べるときはもちろん、お好みのビスケットを添えて。

「キユーピー」は「マヨネーズ」を加えるだけで食感や食味がよくなる「裏ワザレシピ」のサイトで「プリン」のレシピを公開。プリン液にマヨネーズを加えて作ると、科...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
ところ変われば、プリンの食し方もまたそれぞれ。
ふたを開けた瞬間ワインの香りが楽しめる、大人味のプリンが登場。
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
女性の大好物であるフレンチトーストを、少しだけアレンジした創作スイーツがTwitterで話題です。食パンに乗せるのは、なんとプッチンプリン!?投稿からわず...
ハロウィンに使用するのは、オレンジ色をした西洋かぼちゃやペポかぼちゃ。ですが、こちらは私たちがよく知る東洋かぼちゃを使ったスイーツです。「カンボジア」が語...
世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつく...
プリンのくせにドロドロなんです。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
ダイエットの敵プリン体の多い食品をご紹介!是非参考にしてみてくださいね!
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
スフィンクスなどの組み立て説明書を模したこの広告は、今年の3月までに、エジプト北西部・ギザ県にIKEA新店舗をオープンすることを記念して作られたもの。ギザ...
シャンゼリゼが新たな魅力溢れる通りに生まれ変わろうとしている!
フィリピン発スイーツショップ「マッチャラボ」が、高円寺駅前に22日オープン。看板メニューは、常夏の国・フィリピン生まれの新スイーツドリンク「タホ(TAHO...
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
調理法はほとんど同じ…。そもそも、この2つの違いってなんなの?!
001 大陸:南米002 国名:アルゼンチン003 地名:パタゴニア、フィッツロイ山004 日付:2012.04.04「この景色、ずっと見ていたい」Abo...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...