「ハチ」の体力を底上げするスタートアップ企業のアイデア

現在、農作物の生産に欠かせない花粉を運ぶ「ハチ」の個体数が減っており、このままだと収穫量に大きな影響を与えかねないといわれている。

様々な企業が対策を打っているが、「Beeflow」というアルゼンチンのスタートアップ企業が考えている解決策は、生息するハチの動きを活発化させることだ。

その方法はいたって簡単。独自に開発した砂糖などを含む栄養分をハチに与えることで、より免疫力を高め、より移動できるようにサポートするというもの。先におこなわれた実験では、最低で20%、最大で90%も収穫量が上がったとのこと。

これまでもハチの生活を支えるために養蜂箱を設置するといった対策はとられていたが、ハチそのものの体力を底上げしようという取り組みはこれまでにないまったく新しいものであり、その効果に期待が寄せられている。
Top image: © iStock.com/ViktorCap
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...
ここ数年の間にバーチャルインフルエンサーという存在をよく耳にするようになったが、今回注目したいのは「世界初のハチのインフルエンサー」であるミツバチの「B.」だ。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
トリニティ株式会社」が「テクノロジーは内側に、ファッションを外側に。」をテーマにすたウエアラブルデバイス「weara(ウェアラ)」を発表。高いデザイン性と...
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
9月12日、都内にて、創業150年のだし専門店「マルハチ村松」から発売された『やいづ善八やきつべのだし』のプロモーションイベントの一環として「だし勉強会」...
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつく...