「ハチ」の体力を底上げするスタートアップ企業のアイデア

現在、農作物の生産に欠かせない花粉を運ぶ「ハチ」の個体数が減っており、このままだと収穫量に大きな影響を与えかねないといわれている。

様々な企業が対策を打っているが、「Beeflow」というアルゼンチンのスタートアップ企業が考えている解決策は、生息するハチの動きを活発化させることだ。

その方法はいたって簡単。独自に開発した砂糖などを含む栄養分をハチに与えることで、より免疫力を高め、より移動できるようにサポートするというもの。先におこなわれた実験では、最低で20%、最大で90%も収穫量が上がったとのこと。

これまでもハチの生活を支えるために養蜂箱を設置するといった対策はとられていたが、ハチそのものの体力を底上げしようという取り組みはこれまでにないまったく新しいものであり、その効果に期待が寄せられている。
Top image: © iStock.com/ViktorCap
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...