「空気と電気からプロテイン」を生成する、フィンランドのスタートアップ

話半分で聞いてもらっても、十分オモシロい研究です。

フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。

ちょっと想像することさえも難しいですよね……。詳しい製造方法は公開されていませんが、経済メディア「Forbes」は水素と二酸化炭素とミネラルを混ぜたものを微生物に与え、その微生物を熱処理したらプロテインができると記事で説明。う〜ん、やっぱり難解。

ですが、「Solar Foods」は欧州宇宙機関ともタッグを組み、宇宙食としてのプロテインを作る研究もしています。さらに、欧州食品安全機関の承認を得たと発表。合計200万ユーロ(約2億6000万円)の投資も受けているとのこと。こうした情報を知ると、どんどん現実味を帯びてきますね。

「Solar Foods」は2020年から21年までに、一般市場でも販売できるように開発を進めていくそうです。

Top image: © Solar Foods
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
TABI LABO編集部が輸入食品店として注目するiHerb(アイハーブ)で買える「プロテイン入りの〇〇」をご紹介。プロテイン入りの美味しい「パンケーキミ...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
「フォルクスワーゲン」は名作「ビートル」が去年で80年に及ぶ歴史に幕を下ろしたことを記念して『The Last Mile』と名付けられたアニメーション動画...
日本初となる「プロテインビール」の販売開始に向けたクラウドファンディングがスタート。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
1月、新しいコンセプトのジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生。
ジムで「プロテイン飲んでみませんか?」と勧められたとき、即座に「いいです」と断ってしまった。そのパッケージがすごくギラギラしていて「マッチョになりたい人の...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
ファーマーズマーケットで火がつき、「Whole Foods Market」で人気となった、ロンドンで話題の「白いキムチ」。
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
アメリカの高プロテインバー「SOBAR」はアルコール吸収率をカットするために開発された商品。その驚きの効果とは?
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
11日にフィンランドで「ヘビーメタル編み物世界選手権」が開催された。文字通りヘビメタの音楽にあわせて編み物をするというものだが、これ、写真で見ても動画見て...
取り付けておくだけで、室内の空気を綺麗にしてくれるカーテン「GUNRID」。2月18日、IKEAが来年までに発売すると発表しました。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。