ハチ天国!リビングで養蜂できちゃう巣箱

都会に住んでいるとあまり遭遇しないけど、神社や公園など木が青々と茂るエリアに近くと突如現れる「ミツバチ」。知らないうちに屋根に巣があり大パニック!なんて経験がある人もいるでしょう。

日常生活では蚊やハエなどのように疎ましく思われがちですが、ミツバチが花から蜜を採取することにより、さまざまな植物が受粉しており、生態系においてミツバチの役割はとても大きいのです。今日食べた野菜や果物も、ミツバチのおかげかもしれません。

そんな愛しのミツバチと一緒に暮らすことができるツールが誕生しました。

お客さん絶句
「ハチの巣」インテリア

6642139609956352474254778407321666774023651983365048305297915904

これは、アメリカの研究者Dustin BetzさんとMike Zaengleさんが作った巣箱「BEEcosystem」。木箱から伸びている透明チューブを窓を経由して外につなぎ、そのチューブを通ってハチが出入りするという仕組み。

新世代の養蜂家の育成と、ハチミツのヘルシーさをもっと広めたいという想いから2年の歳月をかけて開発したのだそう。

 

5868447690915840

通常の巣箱と違い、側面をつなぐことができるため、状況に応じて増やしていくことも可能。

ハチは高さ関係なく飛んでくるため、高層階に住んでいても問題ないそうです。

6106503769489408

虫嫌いなら絶対拒否すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたもの。

もちろん養蜂家でなくても購入できますが、ちょっとした虫かごレベルのサイズではないので、もし本気で購入を検討する人は、必ず周囲への配慮と、各自治体の保健所に相談をしてくださいね。

Licensed material used with permission by BEEcosystem, LLC, Facebook, Instagram, Twitter
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...
ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
一見何の変哲もないように見える、こちらのサンドイッチ。ですが、なんと一つ1,500米ドル(約18万円)もするんです。すべて自家製18万円のサンドイッチ!?...
9月12日、都内にて、創業150年のだし専門店「マルハチ村松」から発売された『やいづ善八やきつべのだし』のプロモーションイベントの一環として「だし勉強会」...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
遥か上空からの数々のショット。季節ごとに色を変えるアメリカの姿を撮影しているのは、L.A.を拠点に活躍するフォトグラファーNiaz Uddin。時には、ヘ...
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
母親にとって、掃除とは子どもとの果てしない闘いのようなもの。片づけても片づけても、端から汚されていく。そんな毎日にうんざりしたひとりの母親がサンクス・ギビ...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...