養蜂家が作ったミニマルテクノが、なんだかカッコイイ

世界的に蜜鉢の個体数が減っている――この事実を多くの人に知ってもらおうと養蜂家のBioni Sampさんはユニークな活動を行っています。

鉢の羽音や鳴き声(クイーンパイピングと呼ばれています)を使った音楽制作です。

それも、フィールドレコーディングのような好事家向けのものではありません。DJでもあるSampさんが作るのは、ミニマルテクノに分類されるエレクトロミュージック。単に「ブ〜ン」という音が背景で鳴ってるだけでなく、蜂蜜に電気を通して生み出した電子音を使用するなど、かなりトリッキーです。

あくまで日常でのリスニングに適した音楽であるところがポイント。カッコイイです、この音楽。

Top image: © 2018 Bioni Samp
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「音楽を通して国境を超えた元気な世界を作る」をテーマに掲げて活動する「一般社団法人 日本DJ協会」は12月1日、新たなDJ文化を生み出すべく「DJ検定」を...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
音楽ストリーミング大手「Spotify」が、世界的に有名なDJたちと共作したプレイリストシリーズ「track IDs」をスタート。DJが曲をプレイする際に...
ドイツの連邦金融裁判所は、テクノミュージックを正式な音楽ジャンルのひとつとして認め、チケットの税率を引き下げることを決定した。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
何じゃそりゃ!とツッコミを入れたそこのあなた。マンガ大賞2016にもノミネートされ、音楽好きの間で超絶話題になっていた作品『とんかつDJアゲ太郎』を知って...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
虫のようなドローンの視点を活かして家族愛を表現したワンカットショートドラマ『蜂で繋がる家族』がおもしろい。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
蜂が出てくる夢には、一体どんなメッセージが込められているのでしょう。蜂といっても、蜂そのものが出てくるパターンと、蜂の巣、さらに蜂蜜(ハチミツ)が出てくる...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...