「世界最大のNFTミュージアム」がマンハッタンに誕生!?

さまざまなアーティストや企業の参入が相次いでいる、NFTアート業界

日を追うごとにシーンがますます加熱するなか、「グッゲンハイム パートナーズ」共同創設者であるトッド・モーリー氏が、世界最大級のNFT美術館をニューヨークに創設することを発表した。

と、これだけでも話題性のあるニュースだが、この美術館が入居予定となっているビルは、今年末に完成予定となっている、世界一細い超高層ビル「111 西57丁目」の内部。

セントラルパークの真横に位置しながら、「カーネギー・ホール」「ニューヨーク近代美術館」に数ブロックでアクセスできるという、NY屈指の文化・芸術地区に、最先端のアート美術館が誕生するというわけだ。

美術館がどのような内容になるのかは、まだ明らかになっていないが、建物にはブロックチェーン技術に関連するほかの企業も入居予定とのこと。

モーリー氏は「このテクノロジーの象徴である建物は、新しいテクノロジーを発表するため場所として完璧です。この建物は、ニューヨーク市にいるすべての人々を、暗号通貨ワイヤレス取り引きワイヤレス通信へとつなげることになるでしょう」とコメントしている。

いまだ可能性の底がみえないNFTアートが、この場所でいかに表現されるのかに注目したい。

Top image: © Alexi Rosenfeld/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事