最高な立地に、夢のような公営プールが!【ニューヨーク】

世界屈指のビジネス街、ニューヨーク。

ビジネスパーソンがひしめくこの街で、じつに10年以上の構想期間を費やしている夢のような公営プールが建設されるかも!

©Family New York, Courtesy of Friends of + POOL
©Family New York, Courtesy of Friends of + POOL

イーストリバーにぷかぷかと浮かぶ、まるで離島のような新感覚の公営プール。その名は「+ POOL」。

名前のごとく、全景が記号の「+」をしており、縦と横のラインで競泳ラウンジ子ども向けといったように上手にエリアが区切られた設計らしい。

摩天楼の喧騒を横目に優雅な時間が過ごせる、まさしく好立地━━。

「2つの川に囲まれたマンハッタンは、何十年ものあいだ汚染に悩まされ、以前のように川で泳ぐことは実現してこなかった」とは、構想の背景を語るプロジェクトチーム。そう、ニューヨークのフローティングプールの歴史は1890年代に遡り、当時は15のプールがハドソン川、イーストリバーに浮かんでいたんだそう。

©PlayLab, Courtesy of Friends of + POOL

さて、ニューヨーカーならずとも、気分がアガリそうな「+ POOL」だが、じつは楽しさだけじゃない。

フローティングプールは、川から直接水を汲み上げ、施設自体が巨大な濾過装置として、プールで泳ぐのに適した水を供給する設計。その量じつに、一日60万ガロン(227万リットル)。漂流した無数のゴミから発生する、汚染物質やバクテリアもフィルターで濾過してしまうらしい。

たんなる快楽主義的なエンターテインメント施設と、ひとくくりにしてしまうのは早計のようだ。

完成は早ければ2023年。次回、ニューヨークを訪れるときは、水着をお忘れなく!

©Family New York, Courtesy of Friends of + POOL
Top image: © Family New York, Courtesy of Friends of + POOL
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事