【電力不要】海水を飲料水に変える!家庭用「淡水化装置」がオシャレ

一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。

Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水をつくってくれます。電力など、機材を稼働させるためのエネルギーは一切必要ありません。

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-1

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-2

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-3

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-4

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-5

仕組みはとてもシンプルで、黒い蓋が太陽光で熱くなり、容器の中の気温が上がることで水が蒸発。器の中に蒸気が貯まっていきます。

85singo_eliodomestico-2

集まった蒸気は、高まった圧力の力でパイプを通り、下部のもうひとつの釜へと運ばれる構造です。1日待ったら、あとは貯まった水を器ごと取り出すだけ。

85singo_eliodomestico-3

85singo_eliodomestico-4

85singo_eliodomestico-5

エネルギーコスト“ゼロ”

これまでに開発されていた海水淡水化装置にも、海水を加熱して蒸発させる同じ機能がありましたが、エネルギーコストがとても高かったのが難点。

しかし、この釜なら1つ50ドルの出費で、半永久的に飲み水をつくることができます。1日に抽出できる純水は5リットル。水不足に悩む途上国の家庭にとっては飲料水確保のための貴重なツールとなりそうです。

Fast Companyではデザインをした「Gabriele Diamanti」氏のこんなコメントが。

「どれもこれも自分のアイデアではない。旅をしたり、NGOの団体に関わってきた中で聞いてきた多くの人の意見を元に考案したものだ。出来る限り、ユーザーにとってわかりやすくてフレンドリーなデザインにしたかった」

このデザインは、エルメス財団(フランス)主催のプロダクトコンペ、「Prix Emile Hermès competition 2011」にて、ファイナリストに残ったもの。その他にも、「Well-Tech Award 2012」や「Core77 Design Awards 2012」のソーシャル・インパクト部門など様々な賞を受賞しています。
オープンソースのプロジェクトとして公開されていますが、今のところ製品化には繋がっていないようです。

とは言え、低価格で簡単に扱えるその機能性には要注目。普及すれば多くの人々の生活や健康の助けとなりそうですね。

Licensed material used with permission by Gabriele Diamanti

世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
世界の人口は、2050年には91億人を超えると言われています。その上で考えなければいけない大きな課題は、食料需要の増加に対する生産量の確保。今も世界中で様...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...