【電力不要】海水を飲料水に変える!家庭用「淡水化装置」がオシャレ

一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。

Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水をつくってくれます。電力など、機材を稼働させるためのエネルギーは一切必要ありません。

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-1

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-2

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-3

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-4

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-5

仕組みはとてもシンプルで、黒い蓋が太陽光で熱くなり、容器の中の気温が上がることで水が蒸発。器の中に蒸気が貯まっていきます。

85singo_eliodomestico-2

集まった蒸気は、高まった圧力の力でパイプを通り、下部のもうひとつの釜へと運ばれる構造です。1日待ったら、あとは貯まった水を器ごと取り出すだけ。

85singo_eliodomestico-3

85singo_eliodomestico-4

85singo_eliodomestico-5

エネルギーコスト“ゼロ”

これまでに開発されていた海水淡水化装置にも、海水を加熱して蒸発させる同じ機能がありましたが、エネルギーコストがとても高かったのが難点。

しかし、この釜なら1つ50ドルの出費で、半永久的に飲み水をつくることができます。1日に抽出できる純水は5リットル。水不足に悩む途上国の家庭にとっては飲料水確保のための貴重なツールとなりそうです。

Fast Companyではデザインをした「Gabriele Diamanti」氏のこんなコメントが。

「どれもこれも自分のアイデアではない。旅をしたり、NGOの団体に関わってきた中で聞いてきた多くの人の意見を元に考案したものだ。出来る限り、ユーザーにとってわかりやすくてフレンドリーなデザインにしたかった」

このデザインは、エルメス財団(フランス)主催のプロダクトコンペ、「Prix Emile Hermès competition 2011」にて、ファイナリストに残ったもの。その他にも、「Well-Tech Award 2012」や「Core77 Design Awards 2012」のソーシャル・インパクト部門など様々な賞を受賞しています。
オープンソースのプロジェクトとして公開されていますが、今のところ製品化には繋がっていないようです。

とは言え、低価格で簡単に扱えるその機能性には要注目。普及すれば多くの人々の生活や健康の助けとなりそうですね。

Licensed material used with permission by Gabriele Diamanti

関連する記事

沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
海水を飲めるようにする技術やそんなスペックのあるボトルは開発されていましたが、ポイントはルックスです。
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
エネルギーシンクタンク「Ember」の最新の年次報告書で、電力供給において風力や太陽光など再生可能エネルギーが石油を上回ったことを発表。
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
「楽天」は国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする方針を発表した。
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
世界の人口は、2050年には91億人を超えると言われています。その上で考えなければいけない大きな課題は、食料需要の増加に対する生産量の確保。今も世界中で様...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
7月10日、「Stündenglass」という企業が、重力を利用して煙を吸い込めるように設計した水パイプ「Gravity Hookah」の販売をはじめた。
アメリカのテネシー州にある「チャタヌーガ空港」は、空港で必要な総エネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを達成した。
環境に配慮した取り組みを続けている世界第2位の食品会社「ペプシコ」が、年内にアメリカの拠点のすべてを再生可能エネルギーのみで稼働させると発表。既にヨーロッ...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄ま...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
学術雑誌『Science Advances』に掲載された、木材を透明にする最新の研究報告。一般的に髪などを漂白する際に使用する水素で、木材が茶色く見える現...
検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...