2018年販売開始?「家庭用飛行機」時代が本当にやって来る、かも

いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話している自家用は、本当の意味で“家庭用”なんですって!

欧州宇宙機構の肝いり事業
二人乗りVTOL機が誕生

コックピットに羽根が付いただけのような、この機体。これが今世界が注目を集める二人乗り垂直離着陸機(VTOL機)です。垂直離着陸機と聞いて米軍の最新鋭輸送機、あのオスプレイをイメージした人、正解。「Lilium Jet」も同じように排気を噴出するダクテットファンを搭載し、動力としています。

開発チームには、ドイツ・ミュンヘン工科大学の航空宇宙エンジニアやプロダクトデザイナーらが結集。ロボット工学に超軽量構造を取り入れた電動小型飛行機は、欧州宇宙機構(ESA)が事業創出支援を継続的に行い、開発が進められてきました。言うなれば、欧州テクノロジー分野の肝いり事業のひとつとも。

最高時速400キロ
移動可能距離500キロ

家庭用、小型といえど、もちろんスペックは充実レベル。たとえば、最高時速400km/h(巡航速度は約300km/h)、移動可能距離は500km、積載量は200kgまで。

操縦のためのライセンスは、レジャー用小型航空機にあたるLSA(ライト・スポーツ・エアクラフト)が必要となります。20時間のフライト訓練と筆記、実施試験をパスすれば免許取得。それでも操縦が不安……という人だっているでしょう。でも、離着陸時のLilium Jetは、不慣れな人にも安心(?)のコンピューター制御による自動運転機能付だそう。

当然ながらその注目度は高く、「Popular Science」によると、両翼は折りたたみ式を採用しており、羽根をたたんだ状態で行う離着陸は、だいたい15m四方のスペース(小型ヘリに相当)があれば十分飛び立つことができる、と説明しています。

ヘリコプターより安全?

謳い文句は「ヘリコプターよりも安全」。さらには、電気バッテリー式で減音効果を高める設計がなされていたり。自家用ジェット機という、あのゴージャスなセレブ感がほとんど感じられないのは、そのフォルムなのか、それとも「自家用電気飛行機」というほんわかイメージが先行してか。

2018年発売予定って、
本気度高すぎっ!

開発チームは、2017年内にプロトタイプの飛行実験を予定。まだ、価格については触れられていないものの、2018年の受注販売に向け、すでに公式サイトに発売までのカウントダウン時計を表示するなど、本気度の高さが伝わってきます。

いつの日か、見上げた空に自家用飛行機がビューンと、当たり前のように飛んでいる。そんな未来がもうすぐそこまで、実際に来ているんですね。

Licensed material used with permission by LILIUM
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
〈W&P DESIGN〉の「CARRY ON COCKTAIL KIT」は本来飛行機内で楽しむものですが、BBQや家飲み用にももってこい。洒落たデザインは...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
最初に断っておくと、このハンガーは収納用として考えられていて、そっちで使っても優秀だ。僕が勝手に洗濯用に使っているだけ。だけど、本当にいい。
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
NY生まれの「THINX」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。