深刻な医師不足が進む沖縄。今、最も必要なのは「医療用飛行機」

沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない

沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くことが出来ないのだ。これはドラマの話でもなければ、海外で起きていることでもない。今この瞬間、日本で起きている、れっきとした現実だ。

okinawa-airplane

救える命を見過ごすわけにはいかない。民間救急ヘリを独自に運用

救命救急では、処置までの時間が明暗を分ける。しかし、沖縄では、本島の北部地域でさえ病院から車で2時間かかってしまう。そのため、搬送中に亡くなってしまう患者も多かった。

okinawa-airplane

そこで立ち上がったのは、北部地区医師会病院で副医院長を務める小濱正博医師。ひとりの患者を助けられなかった経験から「自分にできる全てのことはやりたい」という思いを胸に、救急ヘリチームMESHを設立。救急ヘリがあれば、沖縄本土のどの場所にでも15分以内で駆けつける。
救急ヘリの運用の本場オーストラリアで学び、全国から選りすぐりの医師を集めた。こうしてスタートしたMESHの活動は、これまで多くの命を救ってきた。運用資金の不足により一時運用が中断されることもあったが、有志の援助により復活、現在は再び活躍している。 

「命を守る翼」を求めて・・・

okinawa-airplane

しかし、その活動にも限界が・・・。現在は沖縄県とMESHによって2機の救急ヘリが運用されているが、安全に飛べるのは50kmが限界。しかし、離島までの距離は400km。ヘリコプターが届かない場所では、未だ医師が辿り着けないが故に、命を落としている人がいるのだ。

okinawa

しかし、小濱医師は諦めていない。離島までの距離をカバーすることができるたったひとつの選択肢。それは、飛行機だ。ビーチクラフト社の6人乗りの飛行機は、全速力でも1200km以上の航続距離を誇る。この飛行機を導入できれば、離島まで含めた沖縄本島から県内全域の島々へ迅速に駆けつける。これはまさに、命を守る翼なのだ。

okinawa-airplane

現在小濱医師は、この飛行機を購入するための支援を、READYFORで募っている。ステッカーや小濱医師の執筆した書籍がもらえるだけでなく、この飛行機に名前やスポンサーロゴをプリントできる。
今も離島に住む14万人を救う、命を守る翼と共に、大空を駆けよう。

btn_readyfor_150423

沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄県 > 南城市沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素と...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...