深刻な医師不足が進む沖縄。今、最も必要なのは「医療用飛行機」

沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない

沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くことが出来ないのだ。これはドラマの話でもなければ、海外で起きていることでもない。今この瞬間、日本で起きている、れっきとした現実だ。

okinawa-airplane

救える命を見過ごすわけにはいかない。民間救急ヘリを独自に運用

救命救急では、処置までの時間が明暗を分ける。しかし、沖縄では、本島の北部地域でさえ病院から車で2時間かかってしまう。そのため、搬送中に亡くなってしまう患者も多かった。

okinawa-airplane

そこで立ち上がったのは、北部地区医師会病院で副医院長を務める小濱正博医師。ひとりの患者を助けられなかった経験から「自分にできる全てのことはやりたい」という思いを胸に、救急ヘリチームMESHを設立。救急ヘリがあれば、沖縄本土のどの場所にでも15分以内で駆けつける。
救急ヘリの運用の本場オーストラリアで学び、全国から選りすぐりの医師を集めた。こうしてスタートしたMESHの活動は、これまで多くの命を救ってきた。運用資金の不足により一時運用が中断されることもあったが、有志の援助により復活、現在は再び活躍している。 

「命を守る翼」を求めて・・・

okinawa-airplane

しかし、その活動にも限界が・・・。現在は沖縄県とMESHによって2機の救急ヘリが運用されているが、安全に飛べるのは50kmが限界。しかし、離島までの距離は400km。ヘリコプターが届かない場所では、未だ医師が辿り着けないが故に、命を落としている人がいるのだ。

okinawa

しかし、小濱医師は諦めていない。離島までの距離をカバーすることができるたったひとつの選択肢。それは、飛行機だ。ビーチクラフト社の6人乗りの飛行機は、全速力でも1200km以上の航続距離を誇る。この飛行機を導入できれば、離島まで含めた沖縄本島から県内全域の島々へ迅速に駆けつける。これはまさに、命を守る翼なのだ。

okinawa-airplane

現在小濱医師は、この飛行機を購入するための支援を、READYFORで募っている。ステッカーや小濱医師の執筆した書籍がもらえるだけでなく、この飛行機に名前やスポンサーロゴをプリントできる。
今も離島に住む14万人を救う、命を守る翼と共に、大空を駆けよう。

btn_readyfor_150423

夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
初めて子どもの歯が抜けると、上の歯は軒下に、下の歯は屋根に放り投げる。こんな風習があったのも今は昔。最近では、「へその緒」のように乳歯用のケースまで存在し...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...