「彼らは、被写体としてとても美しい」。ドアマンの魅力とは

イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。

昔ながらの変わらぬスタイルの制服でリラックスした笑顔を向けるドアマン、真面目な表情でカメラを見つめるドアマン。彼らは、じつに様々な表情を見せている。

Golanskiさんは、なぜ彼らを撮ろうと思ったのだろうか。

「ドアマンって
かなり特殊な仕事だろう?」

「数年前に初めてNYに来たとき、まだ誰も撮ったことがないような、ユニークなものを撮りたいと思ったんだ。

そこで、パーク通りのアパートメントで働いているドアマンに注目した。とても特殊な仕事だし、もっと注目されるべきだってね」

「彼らの姿は
被写体としてすごく魅力的だ」

「ドアマンの制服は昔ながらのものが多くて、何十年も変わっていないケースがある。僕もいろいろな写真を撮っているけど、彼らは被写体としてとても魅力的なビジュアルに映ったんだ。

ちなみに、一番美しいと思ったのはトランプタワーで働いているドアマンだった。写真は撮らせてくれなかったけどね。次こそは、って思っているよ。

彼らは、20~30代からその仕事に就き、ときには60代まで同じホテルに勤めることもある。

つまり彼らは、ニューヨークの歴史をずっと見つめてきたんだ。NYに住む人々のことも、誰よりもよく知っているしね」

NYのドアマンは、様々なバックグラウンドを持っている。アメリカで育った人もいれば、移民として移り住んできた人もいる。

しかし彼らは、同じようにNYの街に立ち、NYの街と人を、見つめ続けてきた。

「彼らと話してみると、仕事というのは人生そのものだ、ということがよくわかるんだ」

今日もドアマンたちは、NYの街に立ち続けている。

Licensed material used with permission by Sam Golanski
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ニューヨークに新たにオープンしたレストラン「Frevo」が“隠れ家”みたいだと話題になっている。ロケーションは、マンハッタンのグリニチ・ビレッジ。住所が示...
「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビー...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
「営業は大変なもの」「嫌なことを我慢するから成績が上がる」というのは本当でしょうか?答えはNOです。私は、ある日を境に、やりたくない営業や苦しいことを克服...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
会場には完成度の高いコスプレを披露するために、多くのコスプレイヤーが集まります。彼らと写真を撮るために目指してくる人もいるそう。その中でも、ひときわ目を引...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...