デジタル時代の革新的ノート「notesX」誕生

以前「TABI LABO」でも紹介した「水で洗って何度も使えるノート」が、新たな進化を遂げた。

何度も使えるマグネット式方眼ノート「notesX(ノーツエックス)」は、メモすることのハードルを徹底的に下げたデジタル時代の新しいノート

©バタフライボード株式会社

用紙には、消せるボールペンを使って、ホワイトボードのように何度も書いたり消したりすることに特化した特殊な方眼入りペーパーを採用。デジタル保存もしやすく、アイデアを思いついた瞬間書き残せる手軽さを実現した。

©バタフライボード株式会社

サイズは、A5サイズの縦幅に手の中に納まる横幅をかけ合わせ、気軽なメモから思考の整理用までと広い用途で使いやすく、持ち運びの邪魔にならない大きさに。薄いのに丈夫、さらに撥水性も兼ね備えたハードカバーで、常に持ち運べる高い機動性も備えている。

©バタフライボード株式会社

意外と面倒なペンの持ち運びも、独自のペンホルダー技術によって素早くスマートに引っ張り出すことを可能にしている。

デジタル化が進む世の中でも、紙を消費することの懸念をなくし、いつでもペンでメモをすることをサポートしてくれる革新的アイテムは、応援購入サービス「Makuake」にて販売中だ。

©バタフライボード株式会社
Top image: © バタフライボード株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「コクヨデザインアワード2018」にて優秀賞を受賞した「黒と白で書くノート」が商品化。「明るい色と暗い色の文字は同時に読みづらい」という性質を利用した話題...
さて、ここからはノートの自慢。
「バタフライボード株式会社」より、何度も使って消せるノート「notes(ノーツ)」がクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
ロンドン生まれの“本物の木”からできたノートブランド「Bark&Rock」が日本初上陸。「銀座 蔦屋書店」の店頭及びオンラインショップで販売がスタートした。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。