「代々木八幡のノート」は、仕事にマンネリを感じている人に薦めたい

普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。

もちろん、道具であるからには機能性が高いに越したことはない。だが、道具の良し悪しは、ただ機能性だけで決まるものなのだろうか。

手触りや重み、色や音、それらが生み出す微細なニュアンスが使い手の心に働きかけ、単に物理的な機能性を超えた愛着というものをもたらす。

そんな道具たちの中でも、最も身近なのが文房具だ。とくにノートはどんな仕事をするにしても必需品。こだわりを持つ人も多いことだろう。

普通の店先で売られているノートは、規格通りの一辺倒な量産品ばかり色、形、中身、すべて自分好みに作れたとしたら、どれほどいいことだろう。仕事の効率も上がるはずだし、クリエイティブも刺激されるに違いない。

わずか10分、800円〜
カスタムメイドのノート

そんなユーザーの願いを叶えるべく、スタートしたのが、『HININE NOTE(ハイナインノート)』だ。代々木八幡の街の片隅に店を構えるハイセンスな印刷会社が手がけるこのブランドは、使い手が望むノートの理想像に最大限近づけた1冊をカスタムメイドしてくれるのだ。

ノートを作る手順は次の通り。

まず、サイズを選ぶ。

次にリング製本かテープ製本を選び、

表紙と裏表紙の色と素材をそれぞれ選ぶ。数量限定でレザーや有名アーティストがデザインした表紙もある。

中の紙については、どの紙をどの順番でどのくらい入れるかまで自分次第。これは使い勝手に大きく影響する部分。是非、こだわりを発揮したいところだ。

さらにオプションで、封筒のような丸タックもしくは、ゴムバンドを付けることもできるし、中身にカレンダーやポケットをあしらうことも可能。

これらの仕様の組み合わせは実に数万通り。これだけ自由度があれば、誰もが理想のノートを作ることができるはず。

これだけワガママを叶えてくれて、価格は800円からというのだからリーズナブル。

しかも完成までの時間は10分程度だという。この『HININE NOTE』は、自分専用の世界に一つだけのノートとして所有する満足感を与えてくれるうえに、理想の使い勝手と愛着がやる気を刺激してくれる。

また、オンリーワンのアイテムゆえ、仕事仲間や友人へのギフトとしても喜ばれることだろう。

他人とは違う自分だけのノートを持つ。自分の理想の使い勝手を備えたノートを持つ。そのことが与えてくれる可能性は計り知れない。仕事にマンネリや行き詰まりを感じているのなら、まずノートから変えてみる、というのはどうだろう?

『HININE NOTE』

東京都渋谷区上原1-3-5 SK代々木ビル1F

TEL  03-6407-0819

MAIL  note@hinine.co.jp

営業時間 13:00~20:00

Photo by 穴田成美
Licensed material used with permission by HININE NOTE
さて、ここからはノートの自慢。
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
パーツの組み合わせは数万通り世界に1冊だけの"オリジナルノート"を作れるお店HININE NOTE〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3-5 SK代...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
このノート最大のポイントは、平綴じタイプなのにゴム留めが付いているところ。リングタイプでゴム留めがついているものは多いけれど、平綴じタイプで付いているのっ...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...