さて、ここからはノートの自慢。
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
ニュージーランドで話題のラテが飲めるのはここだけ! 奥渋谷にある日本初上陸のコーヒーショップ Coffee Supreme Tokyo〒150-0047 ...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
看板メニューは元・寿司職人が作る「たまごサンド」 奥渋谷で人気のサンドイッチとコーヒーのお店CAMELBACK sandwich&espresso〒150...
自家製チョリソーとオリジナルソースが絶品アルゼンチンのソウルフード「チョリパン」専門店Mi Choripan〒151-0064 東京都渋谷区上原2丁目4-...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
1日わずか16名限定“食とアート”が融合する体験型レストランTREE by NAKED yoyogi park〒151-0063 東京都渋谷区 富ヶ谷1丁...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
たった1種類のパスタとワインで攻める究極の美食体験ができる渋谷のレストランOUT〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-14 VORT青山103htt...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
クラフトジンが200種類以上 ナチュラル素材の自家製料理やお酒が楽しめるお店GOOD MEALS SHOP〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目25-5...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...