明日から!ノマドな古着屋「weber」のポップアップが再び開催

脅威の集客力をみせた、服好きのためのポップアップが帰ってくる!

今年6月、「ヒビヤ セントラルマーケット」にて開催され、オープン前から閉店まで行列が途絶えることがなかった「大Tシャツ展」。イベントの主は、店舗を持たないノマドな古着屋「weber(ウェーバー)」。抜群のセレクトで話題をさらっている気鋭のショップだ。

そんな彼らの新たなポップアップイベント「Reading」が、12月14日〜17日に開催される。場所は同じく「ヒビヤ セントラルマーケット」。

今回はフォトプリントTシャツではなく、“文字”や“言葉”、“メッセージ”などのタイポグラフィックTシャツが中心。テーマの「Reading」に合わせて、Tシャツに関連した写真集やアートブックの展示・販売なども予定されている。

そのほかにも、「weber」が1年をかけて収集したアウターやスウェット、ニットといった秋冬シーズンの商品も充実。1,000点近く集まる幅広いアイテム群は、年齢・性別を問わず楽しめるラインナップになっている。

©alpha.co.ltd
©alpha.co.ltd
©alpha.co.ltd
©alpha.co.ltd
©alpha.co.ltd
Top image: © alpha.co.ltd
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
大阪・梅田に店舗を構える「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が、古着をリメイクしたマスクカバーとマスクバッグをオンラインショップにて販売中。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、人気の映画シリーズ「Jurassic World」をテーマにしたランイベントの開催を発表。今年7月にリニューアルオ...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
カリフォルニア発の陶器ブランド「ヒースセラミックス」のポップアップストアが今週末23日より渋谷区千駄ヶ谷のインテリアショップ「プレイマウンテン」にて開催。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
「銀座 蔦屋書店」がオンラインならではの魅力が詰まった「銀座 蔦屋書店の陶器市」を開催。厳選された4ブランド&6名の作家の共演は6月27日(土)まで。
“おもしろいTシャツで参加すること”だけがルールの雑談MTGを週1回、編集部で開催中。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
今年で16回目を迎える「東京蚤の市」。2019年11月15日(金)〜17(日)の3日間、立川の国営昭和記念公園で開催される。
ラコステの古着を集めた新店「OLD meets NEW」が、9月13日(金)から9月25日(水)まで表参道にオープン。
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
アジア最大のeスポーツイベント「RAGE ASIA 2020」のオフィシャルTシャツを「BEAMS」がデザイン。テクノや近未来をイメージしたファッショナブ...
「パタゴニア」が古着を使って新たな衣類を製造する「ReCrafted」というプロジェクトを発表。
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!