傷の治りが3倍早い?薬を投与してくれる「絆創膏」が開発される。

すり傷や切り傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。殺菌消毒効果のあるモノも存在するようですが、あくまでも傷が治るのを助けるというサポート役。

米・ネブラスカ大学リンカーン校の研究者が開発した「絆創膏」は、おそらく数年後にはメインストリームになっていることでしょう。

患部に貼るだけで
傷口を治してくれる?

6c64861c20e45c266198e7274874468aaf85348f

画像は、試験段階のプロトタイプ版。バンドエイドとは異なり、「薬を投与してくれる機能」があるといいます。

仕組みは、ジェル状の薬が塗られたワイヤーに熱が伝わり、それが溶けるようにして、患部に投与されるというもの。これを使った場合には「皮膚組織の回復が3倍も早くなる」と、研究員Ali Tamayolさんはリリースで述べています。

包帯のような形でも活躍

40351b616c962da5bb9fb872f435b61b5d031810

さらに、汎用性が高く、様々な種類の薬を投与できるし、大きさも自由に決めることができるようです。つまり、包帯のような形にすることも可能。

いくつかの実験を繰り返し、政府の許可を得なければいけないので、一般に向けて販売されるまでには数年かかるかもしれません。

だけど、傷口を早く治してくれるという開発は画期的。また、Aliさんは、「ケガをしたときに、応急処置をしてくれる包帯があるということを想像してみてください」と言います。多くの人が、この開発の恩恵にあずかる日も遠くはないのかもしれません。

Licensed material used with permission by University of Nebraska–Lincoln
ノースカロライナ州立大とノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者が新しい「貼り薬」を開発した。絆創膏のようなゴム製のパッチに薬品が含まれており、肌に貼る...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
指先に絆創膏を貼るとき、テープがしわになってすぐに剥がれてしまうこと…ありますよね。それを解消する貼り方が、SNSを中心に(海外でも!)話題になっていまし...
従来品のように穴が空いてなくてデコラティブ。だからシールとして使ってもまったく違和感なし。原宿のWEGOで見つけました。
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
主に若い女性に多い『自傷行為』。なぜ自分自身を傷つけるのか?どんなきっかけなのか?いろんな疑問を持つ人が多くいると思います。アメリカの動画メディア「Cut...
カゼをひいた、胃が痛い、目が疲れた…そんなとき私たちは「薬」に頼ります。誰もが当たり前に行っている行動にも、実は、デメリットが潜んでいる可能性もあるそうで...
コロンビア大学がプロテインの働きを抑制することで特定の記憶のみを削除する薬を開発、動物実験で成功したという。PTSD患者の治療などを目的に記憶の編集・消去...
カリフォルニア大学は、血管の中を泳ぐように進み、薬剤を投与できる魚型の機体を開発した。体内に注入する医療用ナノマシーンの話題を耳にしたことがあるかもしれな...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
強烈な過去をもつ女性たちの痛々しい傷跡を見て、あなたは何を感じますか?Sophie Mayanneさんのフォトシリーズ「BEHIND THE SCARS」...
これは模様ではない。傷だ。
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...