掛けておくだけでスチームしてくれるクローゼット型クリーニング機

シャツやブラウスを1枚、2枚でクリーニングに行ける人って、尊敬しちゃいます。行こう!と決意するまで、私の場合少なくとも5着分、これが許容範囲。

けれど、そういうときにかぎって、着たい服がシワくちゃなままだったり。やっぱりこまめにクリーニングが正しいんでしょうが、それでも…ね。

てことで見つけたのが、このハイテククローゼット。なんと10分でニオイもシワもとってくれるんだとか。私みたいなズボラにもってこいだなあ。

インテリアに同化する
クリーニング機

ベッドサイドに設置されたミラー。これがくだんのクローゼット「Tersa Steam」。寝室にあっても全然違和感ありませんよね。

で、本体前面のドアを開けるとこう。内部に衣類が掛けられるようになっています。スリムな形状ですが、ほとんどの服に対応できるそうですよ。

香りつきの専用ポッドをセットし、ドアを閉めてスイッチを押す。これで10分。高温スチーム殺菌することでしっかり消臭、さらにアイロンがけまで完了だっていうから驚きです。しかも、水の使用量はたったの90mlほど。洗濯機よりもだんぜんエコ。

生地を傷めずデリケートにアイロニングしてくれるようなので、パーティドレスなんかにも使えるかも。

心地いいアロマは、
科学物質ゼロ

専用ポッドの香りも自然由来成分でできており、化学物質も不使用と、どこまでも安心の今どき仕様。身支度をしている合間にクリーニングできれば、朝の貴重な時間もグーンと抑えられるはず。

これで350ドル(約3.8万円)って、デイリーユースとして考えられなくないかも。詳細はこちらから。

Licensed material used with permission by Tersa
身の回りにあるものって、どのくらいの頻度でお手入れをするか迷いますよね。使ったあとに毎回洗うものや、定期的に大掃除したほうが良いものなど。でも、所変われば...
夏定番の透け感のあるブラウスや、麻素材のカットソーはすぐシワになるのが難点。薄手のカーディガンや、サマーニットは匂いがつきやすい。まとめてクリーニングに出...
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
アイロンをかけたものの、変なところにシワができてしまったり、とにかくうまくアイロンをかけられないという経験はないでしょうか。実はいくつかのコツをつかむこと...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
〈Zoff〉で売ってるクリーニングクロスです。美味しそうなパッケージにヤラれて購入した、いわゆるジャケ買いアイテムですが、なかなかのスグレモノ。
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
「Collar Perfect」は持ち運び可能、手のひらサイズできになるところにだけ、挟み込む形でのアイロンが瞬時に可能なアイテム。旅行にもおすすめ。変形...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
「人生には、ジーンズよりも心配しないといけないことがたくさんある」記事の中でそう書くのは、ロンドンでファッション関連の仕事をしているLucie Thomp...
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...