ケモノになって動物園内を「全裸」でラン。

去る8月10日に「ZSL London Zoo(ロンドン動物園)」で開催されたイベントがある。初めて見る人には衝撃的かもしれない。恐らく日本だったら、絶対開催されないだろうから。なぜかというと、参加者は服を着ないことになっているから。

野生に戻って
園内を全裸で駆け抜ける

コース内のピンクの看板には「下着をつける必要はない」「ズボンは履かなくていい!」というスローガンが書かれていて、参加者はほぼ全裸、もちろんスッポンポンの人もいて、動物園の敷地内にある350mほどのコースを駆け抜けている。何周走るかは個人の自由みたいだ。

全身をペイントし、お尻にはシッポをつけて本人たちはなりきっているが、コレ何の動物かわかるだろうか?

「まじめなハレンチ集団」
目的はトラを守ること

このイベント、見た目のまんまなのだけれど、至ってまじめな目的を掲げている。チャリティーラン「Streak for Tigers」は、2013年に始まり、年に一度のペースで開催されている。

絶滅が懸念されているトラ、そしてトラの生息地を守るための取り組みに使わるための資金集めが目的だ。今年は約200人が参加し、28,000ポンド(約395万円)が集まったらしい。

ゴールでもらえるアルミホイルで体を包む参加者たち。トラのぬいぐるみを手にしてニッコリ。

イベントの成果について、ディレクターのJames Wren氏はこのようにコメント。

「この5年間で『Streak for Tigers』には1,000人以上もの勇気ある人たちが参加してくれて、合計200,000ポンド(約2,800万円)集めることができました。このような珍しいイベントを開催できたり多くの人が思い切って裸になり絶滅危惧種の動物を守ろうとしていたりするのは、嬉しいことです」

大胆な発想でここまで注目を集めているのだから、きっとこれもイベントとしては成功と言えるのだろう。なぜ、脱ぐ必要があるかはさておき。

気が早いことに既に2018年の開催について呼びかけている。来年はどれくらいの規模の“群れ”になるかと思うと、今から少し楽しみだ。

Reference:WWF
Licensed material used with permission by The Zoological Society of London
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
ASMRでは珍しいリアルイベントです。開催地はロンドン。期間は11月9日(金)からたったの2日間。予約状況は開催前に満席!
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...