13個の円だけで描いた「曲線の動物たち」

青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女性アーティストDorota Pankowskaは、負けじと同じ数の円から成る曲線のみで13種類の動物をデザインしました。

さあ、どんな動物が登場する?

01.
フクロウ

02.
ウサギ

03.
クジラ

04.
キツツキ

05.
アシカ

06.
サル

07.
ネコ

08.
ネズミ

09.
イヌ

10.
ゾウ

11.
キリン

12.
キツネ

13.
カエル

そのほか、彼女の作品はコチラから確認できます。

Licensed material used with permission by Dorota Pankowska
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
Art&Almondsさん(アーティスト名)が描いた絵は、「動物は種類に関係なくどれも生き物である」という、ある意味当たり前のことを表現している。複雑にな...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
濃淡のあるタッチで描かれた動物たちは、どれも生き生きとして見える。こんな車とすれ違ったら、振り返ってじっくりと眺めてしまう。なんて、最初はそう思っていたん...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...