【男の血が騒ぐぜ!】マラソン、バイクに、ヨット!世界の超過酷なサバイバルレース10選

世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わうことのできる何かがあるに違いない! さあ、あなたもエントリーしてみないか!?

01. ジャングルマラソン(ブラジル)

アマゾンのジャングルを走りまくる超過酷なレース! ランナーは6日間で240キロの距離を行進する。起伏のある山道、激流。ワニや、ピラニアなどの動物や、高温多湿の環境、気温に湿度、ランナーを襲う突然のスコールがあなたを待ち受けている!

参加費用:3,185ドルほど
www.junglemarathon.com

02. パドリングマラソン(カナダ)

数々の冒険家を虜にしてきたのが、ユーコン川だ。そんなユーコン川を舞台にホワイトホースからドーソンまでの705kmを漕ぎきる過酷なパドリングマラソンがこれだ!カヌー転覆の可能性もあるなか、昼夜を徹して大自然の中を漕ぎ続ける。でもなんだか楽しそう?

参加費用:1,174ドルほど(施設、食事費用を除く)
www.experienceyukon.com

03. トライアスロン(ウェールズ)

イギリス最高峰の景勝地に数えられる、北ウェールズのスノードニア国立公園を舞台に開催される過酷なトライアスロンがこれだ! 超冷たい湖を7.7キロメートル泳ぎ、ふくらはぎをこれでもかといじめる丘を360キロメートルバイクで進み、その後、83キロメートルランニングする…

参加費用:494ドル(個人)/ 653ドル(チーム)※サポート車両が必要
www.thebrutal.co.uk

04.モンゴルダービー(モンゴル)

世界でも屈指の長距離乗馬レースがこれだ! モンゴルの大草原をひたすら走りつづける。とてもじゃないが、馬が疲れてしまうので、いくつかのステーションで馬を乗り換える必要がある。夜は伝統的な民家で遊牧家族と過ごすことができる。

参加費用:一人当たり少なくとも1590ドルを農村部の振興に役立たせるため慈善団体に資金を提供する必要がある。

www.theadventurists.com

05. スキーレース(グリーンランド)


北極圏のほど近く、グリーンランドの西海岸にて160キロメートルをスキーで走る究極の持久レースだ! 聞いただけで凍えそうだ。競技は数日間も続き、夜はテントにて過ごす。

参加費用:基本プラン1,849ドル〜(移動、施設費を含む)
www.acr.gl

06. 山岳レース(ネパール)


スタート時は30~40℃、レース後半はマイナス15℃という気温差。最高地点は、富士山より遥か高い標高5016メートル。悪路で強烈なアップダウン、泥、ガタガタする吊り橋、吹雪。そんな400キロメートルのレースだ!

参加費用:2,539ドル(施設、移動、食事などを含む)
www.yak-attack.co.uk

07.ヴァンデグローブ(フランス)

単独、無寄港、無援助の世界一周サバイバルレースがこれだ!
大西洋をひたすら南下、アフリカの西側を進み、喜望峰を抜けて、インド洋を進み、南太平洋へ。南米大陸を抜けて、再び大西洋へ…。速い選手でも、78日の期間を擁する。

参加費用:なし
www.vendeeglobe.org

08. サハラマラソン(モロッコ)

サハラ砂漠、約250キロメートルを7日間かけて走るレース。うだるような暑さの中、不毛の大地をひたすら走りまくる。

詳しくはこちら →「東京マラソンの次はコレ!全長250km「世界一過酷」なサハラマラソンが熱い

参加費用:3,150ユーロ(別途安全保障費が200ユーロ必要)
www.darbaroud.com

09. 犬ぞりレース (アメリカ)

アラスカの美しい山脈、凍てつく川や荒涼としたツンドラの大地。その距離1850キロメートルを犬ぞりで疾走するレース。強風、ブリザード、極度の低温。長い暗闇。その全てに打ち勝つ自信があるのなら参加してみて!

参加費用:14,000ドル
www.iditarod.com

10. ダカール・ラリー (南アフリカ)

世界一過酷なモータースポーツ競技とも言われるダカールラリー。もともとはスタート地点がヨーロッパ、フィニッシュ地点がアフリカの各都市というスタイルだったが、セキュリティ上の脅威のために、現在は南米で開催されている。荒野や砂漠地帯を約2週間かけて走行する極めて過酷なレースだ。

参加費用:20,000ドル
www.dakar.com


Reference: vimeoYouTube,YouTube
YouTube,YouTubeYouTube,YouTubeYouTube

南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
Jamieさんは、モロッコまで飛び、「Anfa riders」というカサブランカのモーターギャングの日常を、動画におさめました。
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
光をエネルギーとして活用し、触媒に酸化チタンを用いた「MUON~無音~Lampscape」。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
カナダのニューファンドランド島にあるマウント・パール。何もないというこの町をラップにのせてディスりまくるPR動画が面白いと話題だ。