【フェラーリ VS 自転車】時速333kmで勝利したのは・・・※動画あり

スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard」で撮影されたもの。

そこで行われたのは、フェラーリと自転車のレース。どう考えても勝負にならないカードに見えるが、よく見ると自転車にはロケットがついている。まあ、これぐらいはハンデだろうと思って見て欲しい。
そして、圧倒的なスピードで世界を熱狂させたのは、なんとこの自転車のほうだった。そのスピードはなんと時速333km。ロケットを積んでいるとはいえ、その速さは驚異的。ぜひ動画でチェックを!

このマシンは「Spine Crusher」と呼ばれている。はっきり言ってもはや自転車と呼べない代物だ。当然、乗るほうもそれなりの技術が問われそうだが、動画に登場しているのは、フランス人男性のFrancois Gissyさん。“狂った男”という愛称の通り、この次は400kmの壁を目指すと語っているようだ。

Licensed material used with permission by  rocketman340 (YouTube)

他の記事を見る
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「Onewheel+XR」には、レース用の太いタイヤが搭載されていて、オフロードでさえも駆け抜けることができます。最高時速30kmで走行することが可能なん...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...