「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を、実際に検証してみた。(動画あり)

「Cool Japan」ならぬ「Cool Japai」を推進する集団が話題になっています。なんでも、 日本人の日本人による、日本のクールな“おっぱい”を世界に発信しているのだとか。
今回紹介するのは、「時速60kmで走行中の車の窓から手を出すと、Dカップのおっぱいを揉んだ感触を味わえる」という有名な(?)俗説の検証映像。
くだらない?いやいや彼ら、かなり本気ですよ。

“おっぱい”を科学する
最高にクールな実験

FireShot Capture 1323 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

まずは、おっぱいを軽く揉んだときの感触に近い、「0.5cm押したときの圧力」を計測。

FireShot Capture 1324 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1325 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

黒子が特殊な器具を巧みに操り、0.5cm分だけ圧を加えます。

FireShot Capture 1327 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

圧力センサーで計測したところ、

FireShot Capture 1328 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1329 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

「0.5cmおっぱいを押したときの圧力」は、88.02 N/m2。

FireShot Capture 1331 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

続いて、「時速60kmで走行中の車の窓から、手を出したときに受ける風圧」をチェック。

FireShot Capture 1332 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1333 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1334 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

コチラは、87.87 N/m2。

FireShot Capture 1335 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

ご覧の通り、比較検証の結果、「時速60kmで走行中の車の窓から手を出すと、Dカップのおっぱいを揉んだ感触を味わえる」という俗説は、ほぼ真実に近いということが、科学的に証明されました!

FireShot Capture 1321 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

この「Cool Japai」は、株式会社東京倉庫が制作。全10回にわたって、おっぱいがいかにクールかを検証する映像をお届けしています。

「日本の魅力は、アニメや漫画、和食だけではありません。世界に誇るべき真の日本のコンテンツは、おっぱいであると考えています」

そう語る彼らの挑戦からは、今後も目が離せなさそう!?

Licensed material used with permission by 株式会社東京倉庫

スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
酔うと人格が変わるのは嘘だった?という研究結果を以前も紹介したことがあるけれど、実際にお酒を飲ませてみると、普段どれだけ猫を被っているのかを明らかにしたの...
マインドフルネス支援アプリ「Relook(リルック)」が今月から、より手軽に継続してもらうことを目的に、1日10秒でできるマインドフルネスを紹介した7日間...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
建築家トム・メインの率いる建築事務所「モーフォシス」が、ロサンゼルスに建設予定である大型施設のデザインを公開した。
アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...