このカップの秘密を知ったとき、きっと顔がほころぶ。

朝、自分でコーヒーを淹れて飲むのですが、ふと「実家にいた頃はよく母が淹れてくれたな」なんて思う時があります。

誰かが自分のために淹れてくれるって、幸せですよね。

でも、ここで紹介するのは、誰かのために淹れたくなるマグカップなんです。

持ち上げると…

5430264121524224

わ!お菓子だ!嬉しい!

6635355306459136

こんにちは!

5329916505620480

…!!!

5491447272833024

あら!

51265828217159685509455399616512

お疲れさま!

5295266454306816

えっ、これって…。

こんな仕掛けがある
「MARUHI Cup & Saucer」

6139691384438784

この「MARUHI Cup & Saucer」は、「日常に馴染み、そこから素敵なストーリーが生まれるようなものを創りたい」という想いでクリエイターの福岡繁さんがスタートさせたプロジェクト。

ソーサーが少し深く、カップは上げ底になっています。ちょっとしたものなら潰さず入れられそう。

このカップとソーサー、家庭で使うのも楽しそうですが、オフィスでも使ってみたいと思いました。

来客時、お茶を出す時にはお客様に喜んでもらえそうだし、一緒に働いている人にも仕事の合間にほっこりしてもらえるかも。

こちらは現在、Kickstarterでクラウドファウンディング中です。

あなたならどんなサプライズを仕掛けますか?

Licensed material used with permission by Shigeru Fukuoka, MARUHI Cup & Saucer
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
「Cool Japan」ならぬ「Cool Japai」を推進する集団が話題になっています。なんでも、 日本人の日本人による、日本のクールな“おっぱい”を世...
なんとこれ、注いだ水がそのままジュースの味に変わるそうです。なにかが溶けていくのでしょうか?いやいやそれだったらまったく驚きませんよね。注がれたあともカッ...
〈EcoSouLife(エコソウライフ)〉のカップは、竹の繊維であるコーンスターチが主成分。竹は成長が早いため環境の負荷が少ないそうです。また、土に埋める...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
誰にだって人には言えない秘密があるもの。そんなセンシティブな話を集めたイラストレーターがいる。100人から秘密を教えてもらい、それぞれの後ろ姿を描いた。「...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
これまでも様々な奇抜な企画を繰り返してきた「CUT」が新たに送るのは「100人の秘密」。共感できるようなものから、絶対にマネできない過激なものまで。あなた...
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
現在マサチューセッツ州在住のジェフリーさんは、ビザや経済的な理由からアフリカ・ガボンに住む家族に会えず、弟とは4年、母親とは10年、顔を合わせていませんで...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...