ランボルギーニ7473円、フェラーリ9598円。これ、ラスベガスのサーキットを走行する料金です

世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なんでも、あの高級スポーツカーがどれも破格の値段で乗れるんだとか。

高級スポーツカーを
1万円以下で運転できる!?

本物のサーキットで、高級スポーツカーを運転するスリルと興奮を味わう。いかにもエンターテインメントタウンらしい超ド級のモーターアミューズメント、と話題のSpeedVegas(スピード・ベガス)。

総額ウン億円は軽く超えてしまいそうな車は、すべてスピード・ベガスが所有するコレクション。その中から試乗車をチョイスできる訳ですが、そのラインナップがまた凄い!フェラーリを筆頭に、ランボルギーニ、ポルシェ、アウディ、マスタング、さらには日産GT-Rも。

1ラップごとに設定された料金は車種によって、49ドルから89ドル(5,314円〜9,598円)まで。これを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれ。ちなみに、料金にはヘルメットレンタル代の他、主要ホテルからサーキットまでの送迎バス代も含まれていることから、「Los Angeles Times」の記事では後者の感想。

インストラクター同乗も可能
サーキット経験ゼロでもOK

サーキットで走った経験なんて無い、という人でも安心。ドライバーライセンスを持つ専属のインストラクターが、助手席からドライビングのノウハウを教えてくれるんだそう。運転免許があって、かつ運転経験6年以上ならば誰でもOK。

普段は低燃費のエコカーを運転する人でも、走行距離20万kmを超えるオンボロ車のユーザーも、自分ではまずスポーツカーを買おうという発想すらない人だって、ここならゴーカート気分でスポーツカーを運転できてしまうんです。

1周2.4kmのサーキットに続き、
モータースポーツ複合施設が
今夏オープン予定

ラスベガス最長となる1周2.4kmのコースは、12のコーナーと最大18mの高低差、最大角度15度のバンクを有する比較的穏やかなコース設定。とは言え、直線に入れば「トップスピードは優に225キロを超える」、と公式サイトはスピード狂たちを煽りにあおっています。一応、料金の中に保険が含まれていることだけは明記されていますが、コースアウトでクラッシュしたりなんて心配は大丈夫なの?いささか心配。

さて、今回はサーキットのみ先行オープンとなりましたが、観戦デッキやカフェを併設した複合施設がオープン予定。今夏には、ラスベガスに一大モータースポーツ施設が登場するようですよ。

買う気はないけど、運転してみたい
体験を買えるアミューズメント

それにしても、自動車各メーカーがハイブリッドカー(HV)や電気自動車(EV)など、新しい技術やコンセプトを投入して、時代の流れが「エコカー」へと向いているなかで、スポーツカーに乗りまくろう!という、言ってみれば時代に逆行するアイデア。そこに少なからず違和感を覚える人もいるはずです。「レンタカーで十分」だったり、「モノよりコトにお金をかける」生き方が選ばれるからこそ、“若者のクルマ離れ”が叫ばれて久しい日本。

まあスポーツカーなんて買うことはないけど、経験として乗ってみるのはアリ。そんな遊び感覚で気軽に、しかも手の届く価格帯で試乗体験ができるとしたら……。言うなればここは、モータースポーツに特化したアミューズメントパーク。ラスベガス観光の新たな拠点として、足を運んでみたくなる?

Licensed material used with permission by SPEEDVEGAS
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
俺が小学生の頃、スーパーカーブームが起こった。夏休みに、よみうりランドに本物のスーパーカーを観ようと出かけたことも鮮明に覚えている。だからだろう。このラン...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
5月にオープンしたカジュアルダイニング「Chew&Chug」が提供するのは、フードもドリンクもすべて片手で持てるオールインワンのテイクアウト!
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
ラスベガス国際空港のトイレで、一匹の子犬が捨てられているのが見つかりました。名前はChewy、生後3ヶ月だったそうです。彼女の横には一通の手紙が。そこには...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス。略称ベガスは、1946年、ギャングスターのベンジャミン・シーゲルがフラミンゴホテルとカジノを建設して以来、続々とマフィア...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
アメリカのロックバンドのOK Goの新曲と、そのMVが公開された。エッセンシャルワーカーを讃えた『All Together Now』は、作詞からレコーディ...
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
4月7日、ソフトバンクグループも出資している自律走行車のスタートアップ「Nuro」が、アメリカ・カリフォルニア州におけるテスト走行の許可を得たと発表。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
競馬についての知識はダビスタと、ゆうきまさみ先生の漫画くらいのものだし、小説『優駿』は途中で挫折した。そんな僕に、友人がこんなことを教えてくれた。最近は品...