自室がサーキットに!?「マリオカート」のAR版が発表

今月3日深夜、「任天堂」が同社の看板作品「マリオシリーズ」の35周年を記念して「スーパーマリオブラザーズ35周年 Direct」を配信。

子どもから大人まで多くの人々を虜にしてきた「スーパーマリオ64」「スーパーマリオサンシャイン」「スーパーマリオギャラクシー」Nintendo Switch版リメイクの発表など、たくさんの最新情報がアナウンスされたようだ。

なかでも注目が集まっているのが、人気シリーズ「マリオカート」AR版として発表された「マリオカート ライブ ホームサーキット」

カメラを搭載した実際のラジコンと共に発売されるというこのセットでは、自室をサーキットに見立てて走ることができ、現実とゲームが融合した新しいマリオカートを体験できるらしい!

© Nintendo 公式チャンネル/YouTube

コース作成に当たっては、セットに付属する4つのゲートを家の中に配置して、コースを一周するだけで完成するとのこと。コース上に自由に障害物を設置したり、趣向を凝らしたギミックを用意することで、無限の楽しみ方ができそうだ。

なお、同ゲームは最大4人でのプレイが可能で、カートはマリオとルイージの2種類。価格は9980円(税別)で、10月16日に発売される予定だ。

毎度大きな注目を集めるマリオの新作。「発売日にプレイしたい!」という方は早めの予約をお忘れなく。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「レゴ」と「任天堂」のコラボ商品として、大人向けの「LEGO Nintendo Entertainment System」が発売。80年代のゲームシーンを...
2015年11月。レース会場となったのは、ブラックフライデーの翌日で大忙しの巨大モール「ウエストフィールド・ロンドン」。なんと、あの有名ゲームのキャラクタ...
人気ゲーム「マリオカート」の世界観をリアルな実写で再現したこの動画。おっと、いわゆるゲームの実写動画と侮ってほしくない。そこには、双子の兄マリオとのあまり...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
「LEGO」は人気キャラクター「スーパーマリオ」とのコラボ商品「レゴマリオ と 冒険のはじまり 〜スターターセット」第一弾を公開。 8月1日の発売を予定し...
「USJ」に「任天堂」のキャラクターとその世界をテーマにした、世界初となるエリア「SUPER NINTENDO WORLD」が2021年春に開業を決定。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
子供用三輪車のタイヤをドリフトしやすくカスタム。峠の頂上から下って山道を爆走する動画がこちら。クルクル回転しまくり!「ドリフト・トライク」は、ニュージーラ...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
「史上最も影響力のあったゲーム」の第1位に選出される『スーパーマリオブラザーズ』。飛んで、跳ねて、踏んづけて、ときに輝きながら無敵の強さを発揮する。だが、...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
世界中にファンを持つ雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』は4月22日のアースデイを記念して、表紙がAR仕様の特別号を刊行した。インスタグラムを通して体験で...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...