自室がサーキットに!?「マリオカート」のAR版が発表

今月3日深夜、「任天堂」が同社の看板作品「マリオシリーズ」の35周年を記念して「スーパーマリオブラザーズ35周年 Direct」を配信。

子どもから大人まで多くの人々を虜にしてきた「スーパーマリオ64」「スーパーマリオサンシャイン」「スーパーマリオギャラクシー」Nintendo Switch版リメイクの発表など、たくさんの最新情報がアナウンスされたようだ。

なかでも注目が集まっているのが、人気シリーズ「マリオカート」AR版として発表された「マリオカート ライブ ホームサーキット」

カメラを搭載した実際のラジコンと共に発売されるというこのセットでは、自室をサーキットに見立てて走ることができ、現実とゲームが融合した新しいマリオカートを体験できるらしい!

© Nintendo 公式チャンネル/YouTube

コース作成に当たっては、セットに付属する4つのゲートを家の中に配置して、コースを一周するだけで完成するとのこと。コース上に自由に障害物を設置したり、趣向を凝らしたギミックを用意することで、無限の楽しみ方ができそうだ。

なお、同ゲームは最大4人でのプレイが可能で、カートはマリオとルイージの2種類。価格は9980円(税別)で、10月16日に発売される予定だ。

毎度大きな注目を集めるマリオの新作。「発売日にプレイしたい!」という方は早めの予約をお忘れなく。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事