【世界記録】フルマラソンを4時間以内で走りきった85歳のおじいちゃん

毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。

その主人公はなんと、85歳のランナー。

73歳のときには
2時間54分の記録も

Ed Whitlockさんが記録したタイムは3時間56分33.2秒。85歳以上クラスの世界新記録となりました。

Whitlockさんはこの大会の常連で、73歳のときにも2時間54分という驚異的な記録を出しています。ちなみに、この記録は未だに破られていないんだとか。

もともと10代の頃から走りはじめたというWhitlockさん。その後21歳のときに引越を機にマラソンからは遠のいていましたが、40歳をきっかけに再開したそうです。

そこからは、ブランクなくずっと走り続けているというWhitlockさん。つまり、40歳から数えてもランナー歴は45年!人生の半分以上を走り続けてきた、ベテラン中のベテランです。

靴にも年季が入っている

ちなみに今回履いていた靴は、20年来の相棒。なぜそんなに古い靴を履いているのかと聞かれて、こう答えています。

「もう買い換えた方がいいことはわかっているんだけどね。最近の靴のデザインは好きじゃないんだ。この形の靴はもう作られていないし、手元に数足しか持っていないんだよ」

それでもまだまだ
満足できない

Photo:Todd Fraser/Canada Running Series

世界新記録となったこのタイムにも、まだまだ満足はしていない。

「本当は3時間50分あたりを目指していたんだけどね。後半が思っていたほどうまくいかなかったよ」

世界新記録を打ち立てるのは並大抵のことではなく、さすがに足を痛めてしまったそう。「次にマラソンに出られるのがいつになるかはわからない」と語っていますが、ぜひとも復帰のレースでは再び記録に挑戦してほしいものですね。

Photo by Canada Running Series
Licensed material used with permission by Canada Running Series
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失った銘柄鶏を、自宅で手軽に楽しめる焼き鳥キット「べランディング鳥幸」。すでに4000セット完売と勢いが止まらない!
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
2018年9月、カナダ・トロントに北米初のセックスドールの風俗店「Aura Dolls」がオープンしました。ここは文字通り人形とセックスする場所。
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
7月31日、ビヨンセが監督と脚本、製作総指揮を務めたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』が「Disney+」にてリリースされた。
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。家族と一緒にいられない赤ちゃんのケ...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...
31歳ではじめてお見合いした話のvol.4はついに最終回。お見合い当日、現れたお相手の胸にはポシェットがかかっていた。お見合いヴァージン喪失、衝撃の結末とは…。
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
7月27日、イギリス政府が新型コロナウイルス(COVID-19)に打ち勝つ肥満対策として、新たなガイドラインを発表した。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。