「性的人身売買」を痛烈に非難するカナダのキャンペーン

2月22日、カナダに拠点を置き、家出やホームレスの若者を支援する保育施設運営団体「Covenant House Toronto(コヴナント・ハウス・トロント)」が開催した“あるイベント”が物議を醸している。

ショーウィンドウに並べられているのは、マネキンではなく商品として売られている“生身の少女”たち。一見、人権侵害のようだが、それこそがこのキャンペーンの狙いである。

展示がおこなわれた2月22日は「人身売買啓発デー」とされており、性的人身売買がいかに卑劣であるかを視覚的に訴えたものだったのだ。

このイベントは、Covenat Houseが2月18日に開始した「Shoppable Girls campaign(購入可能な少女のキャンペーン)」の一貫でおこなわれたもの。「人身売買業者にとって、少女はただの商品だ」という痛烈なキャッチコピーが印象的なキャンペーンのWEBサイトでは、被害者の体験談や、性的人身売買を未然に防ぐための知識などを閲覧することができる。

被害者になり得る少女も、その周りの大人たちも、まずは悲惨な実情を知ることが、さらなる被害者を出さないための第一歩となるのではないだろうか。

© covenanthousetoronto/Instagram
Top image: © erettan/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
総額100万マイル!専用アプリに自宅を登録すれば、ステイホームしているだけでマイルが貯まる「タイ国際航空」のキャンペーンが話題。
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
世界27ヵ国の「イケア」にて「BlackFriday」にちなんだキャンペーン「#BuybackFriday」を開催。不要な家具を買い取り、必要な方に販売し...
筆記文化のパイオニアとして知られる「モンブラン」が、「てがき」のパワーを世界中の人々と分かち合うために「未来へ導く一言」を投稿するSNSキャンペーンを展開中。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...