休み明けで頑張ろうとしているあなたへ「世界のリフレッシュ方法」を

ようやく待ちに待ったお盆休みがきたと思ったら、あっという間に過ぎ去っていった。憂鬱な気分を乗り越えて頑張らなきゃと思うけれど、9月の連休まではまだまだ時間がある。よし、ここは頭を切り替えて、現実を受け入れよう。

そこで、その頭の切り替え方のヒントを紹介。「Elite Daily」のライターGabrielle LaFrankさんがまとめた、世界中のリフレッシュ方法をどうぞ!

01.
マテ茶でほっと一息
(南米)

E5da93b895e0993f9730595071e308041b9514fd

南米生まれのマテ茶にはコーヒーのようにカフェインが含まれていて、適度に飲むことで疲労回復の効果があると言われているの。南米にいる私の友人は、カラバッシュの入れ物にお茶を入れて、必要な分だけ注いで飲んでいるみたい。

02.
仲間と集まって乾杯!
(ドイツ)

Ce8124393d5bba56e70ea135db596ae225067ef1

家族や友人とゲミュートリッヒカイト(*)に浸ろうとそうじゃなかろうと、満足を感じられることが大事ね。ドイツ人は皆で集まって楽しんで絆ができるような体験を共にすることで、あなたを歓迎してくれるわ。グラスを持ってさぁ乾杯よ。

(*ゲミュートリッヒカイト:「アットホーム」や「居心地がいい」という意味)

03.
友人とコーヒーを飲む
(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

これは私達の多くが気づかぬうちに既にやっていることだけれど、友人との一杯のコーヒーがボスニア・ヘルツェゴビナでは幸せにつながるの。他の国では大したものと捉えられていないかもしれないけれど、ただ単に友人とお喋りする以上に深い意味があるんだと思う。小さなやりとりに毎日感謝することは、私達の物の見方を変えることにもなるわ。

04.
ネガティブな感情を言葉に
(ハワイ)

ハワイの人は、うまい付き合い方を知っているわ。誰かと仲直りする事もだけれど、自分たちの中に幸せを見出すという点でもね。これはすべての人が見習うべきことよ。なぜならネガティブな感情にすがりつくことは、心身ともに悪影響を及ぼすだけだから。怒りや悲しみを吸収する代わりに言葉にすること、そして許すこと。

05.
周りの人の助けになる
(ナイジェリア)

B2df5427c469149f0f23fb4b0ea92c6f75660124

自分は一人ではなくコミュニティーの一員だと認めることは、誰にとってもやる気を出すきっかけになるはず。他人を助けることは良いこと。さらに言うと、自分がいるコミュニティーが良くなることを願うのは、自分の人生の選択にも良い影響を与えることになる。あなたの行ないは全て、周囲の人へ何らかの影響を及ぼすの。隣にいる人と自分の行動は同じくらい意味をもつと気づくことになるわ。

06.
休憩時に「ちょい飲み」
(フランス)

飲むのは仕事の後と思う人もいるかもしれないけれど、家族や友人と会う前に少しの休憩時間を使って職場でのストレスを発散させることね。仕事とプライベートを分けることで、職場での不安を私生活に影響させないようにするの。

07.
自分に向き合う時間をつくる
(トルコ)

ケイフ(*)に慣れるようにするにしてもしないにしても、やるべき事は時間を見つけて自分自身に向き合いリラックスすること。1人でやる必要はないけれど、その方が集中できるという人が多いわね。騒がしくてストレスフルな毎日を過ごしていると、静かな時間を見つけることは大変。でも大丈夫よ。

(*ケイフ:「喜び」という意味)

08.
森林浴で安らぐ
(日本)

11a4bf3ad11cd12ca25aff248fdac8872de4e3db

時々、新鮮な空気を吸えばストレスなんて吹き飛んでしまうことがある。とりわけスマートフォンや電子機器が至る所にある環境では、外で時間を過ごすことは健康的な心を保つうえでとても重要なこと。急速に物事が過ぎ去っていく街での生活から離れて、木々や野生動物にふれることで安らぎを見つけられるわ。

09.
シエスタで回復
(スペイン)

昼寝はまるで魔法のように素晴らしいとスペインでは知られている。子どもの頃、昼寝をしなかった日があったと後悔するかわりに、必要な時にちゃんととるように。寝不足でいると悲しみなどの負の感情のどん底に落ちかねないわ。

10.
自然に触れてリラックス
(ノルウェー)

自然にふれることは乱れた心に効果があるわ。ノルウェーのような寒い土地でも外では平穏でリラックスできる時間を見つけられる。あなただって良いことだとわかっているわよね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
連休は楽しいけれどスーツケースの中身を片付けているときに、明日のことを考えるとどんどん気が重くなって来る。もしもそんな昨夜があったのであれば、今日はこれを...
いかに休息を取るか。これは日々を忙しく過ごすビジネスパーソンにとって、永遠の課題。心身ともに疲れた状態では、何事もうまくいかない。ここでは自著『超一流の超...
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
毎日忙しく仕事をしている人だからこそ共感できる、あるあるな日常。文字がほとんどないためスラスラ読んで楽しめちゃう。ちょっとした息抜きに読んだら意外にストレ...
仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
現在、海外で大ブームになっているハンドスピナー。人気の秘密は、ただ回すだけでリフレッシュやストレス解消ができる点。故に、日本でも地味にハマる人が増えてきつ...
「日曜日」。なんて素敵な響きでしょうか。土日が休みの人にとっては、特別な日ですよね。遊びに行きたい、たくさん寝たい、など理想の過ごし方は人それぞれですが、...
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
「ストレス」を甘くみてはいけません。なぜなら、日々の生活や人生を狂わせてしまうほどの負の威力を持っていると言われているからです。Elliot Caleri...
私は「ゆるい生き方」を提唱しています。これは、ゆっくりと構えながらも目的地に向かって確実に前進すること。自分自身がそれを実践すると、周りの人たちもゆるく、...
ここに紹介するのは、あなたの幸せを壊すストレスの兆候。もし当てはまっているのなら、もう無視しないで。ストレスと付き合っていくためには、「何が危険信号なのか...
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
失恋をすると、想像以上につらく苦しい気持ちにさいなまれ、身動きがとれなくなってしまいますよね。自分だけが世界の中で取り残されたような感覚に襲われることもあ...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。大切なのは、ワ...