僕は楽しみ!「アリゾナの何もない砂漠に約8兆円を投資」

アリゾナの州都、フェニックスの西部近郊。州間高速道路10号線(通称:I-10)沿いに、24,800エーカーの砂漠があります。

じつは、昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。

今現在の世界でそんなことができるのは、Microsoft共同設立者であり、慈善家であり、フォーブスの世界長者番付2018で第2位の……そう、ビル・ゲイツです。彼の個人資産管理・運用会社であるカスケード・インベストメントは、この土地を購入し、「Belmont(ベルモント)」と名付けました。

僕は、この土地でゲイツが行おうとしていることに興味があります。

ゼロから作るスマートシティに期待

ゲイツの目的は、彼や彼の会社が今なおハイテク産業の第一線にいることを証明すると同時に、スマートシティをゼロから創造することにあります。

ハイテク製造業を中心とする産業、高速な公共Wi-Fi、自動運転車、ソーラーパネルなどが高度に融合したスマートシティは、世界のいたるところでプロジェクトが進行中。例えば、Googleの「Sidewalk Labs」が有名ですね。カナダのトロントにおいて、都市生活を改善するための大規模な計画です。だけど、2015年に発表され、200ページに及ぶ計画書を作成しながらも、まだスタートラインという状況。街づくりがどれだけ難しいことかわかります。

それでも、僕がゲイツによるベルモントに注目するのは、まったくのゼロから街をつくる計画だからです。

そもそもアリゾナ州の砂漠に白羽の矢が立ったのは、地価の安さだけでなく、新たな州間高速道路、I-11の建設予定地の近くという立地、規制緩和などが背景にあるようです。しかも、約8兆円という資金力(街づくりの予算規模がわからないので、潤沢かどうかは不明です……)。素人考えですが、既存の街をアップデートするよりも、成功しそうに思います。

カスケード・インベストメントが発表した具体的な計画では、ベルモントには「80,000世帯、3,800エーカーの産業・オフィス・小売スペース、3,400エーカーの広場、470エーカーの公立学校」ができる予定だそう。

もちろん、これはチャレンジです。いかなる投資プロジェクトにも言えることですが、将来ベルモントで多くの人がスマートライフを送れるかどうかは、理論だけではわかりません。この地域は深刻な水不足という課題も抱えているそうです。

当のアメリカにおいても有識者の間で賛否両論がありますが、それでもベルモントのプロジェクトは、テクノロジーの限界や将来性について、私たちに多くのことを教えてくれるはずです。

個人的には、何もないところに作るんだから、建物もすべてスマートな外観になりそうだし、街の景観がどうなるのか?なんて想像するのも楽しいです。3Dの完成予想図とか、早く見たい!

Top image: © 2018 TABI LABO

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

他の記事を見る
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
コンピューターってどうやって動いているの?そんな素朴なギモンにビル・ゲイツを始め、元AppleのデザイナーやxBox開発者がイラスト付きで解説してくれる教...
およそ20年前にMicrosoftの開発者だった男性は、会社の卓球大会でビル・ゲイツ氏と対決をする機会に恵まれました。そこで彼は、仕事に大切な3つのことを...
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
アメリカ・アリゾナ州フェニックスで刊行している日刊紙「The Arizona Republic」のオンライン版によれば、彼女は10ヵ月にも渡り、ひとりの男...
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
僕は新しい環境に慣れるのは上手なほうだと思いますが、それでも大学に入学した頃はつらかったし、TABI LABOで働き出した時もつらかった。もっと若い時には...
お金に対する感情というのは少々やっかいで、人間関係と同じように、その関係が依存や執着を生むようであれば、お金からは好かれません。たとえ、100円であっても...
ビルゲイツが「社員全員の車ナンバーを記憶していた」というのは、有名な話ですよね。でも、それがなぜだか知っていましたか?残業してまで、努力している人たちを把...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...