『火垂るの墓』のツイートがバズった。そこから僕が思ったことーー ベンのトピックス

ベンのトピックスにおかえりなさい!

世界中で人気があるツイートを検索していたら、こんなを見つけました。

このツイートはフランス語圏では、11月のトップ人気でした。フランスでのバイラルな投稿ですね。

翻訳(意訳かな)すると、

「あなたは泣くはず。

『火垂るの墓』、12月1日!」

つまり、フランスのNetflixでジブリ映画が観れるようになることは、とても大きな話題になっているんです。フランスでもイギリスでも日本アニメは人気がありますが、なかでも『千と千尋の神隠し』や『もののけ姫』といったジブリ作品はオタクだけのものではありません。主流です。

ですから、このツイートから読み取れるのは、ストリーミングサービスにとって日本のアニメコンテンツが重要な意味を持つということです。

日本アニメは、大人と子どもにアプローチできる珍しいコンテンツですよ

まあ、日本人に“日本のアニメ人気”を説明するのは、いまさらだし、おかしいと思うけれど、説明させてください。

日本のアニメの力は――とくにスタジオジブリに関しては、英語圏でもフランス語圏でも大人が楽しめるアニメとして認識されています。一部例外的な作品はありますが、それらの国々の文化ではアニメーションは大人のものではないんです。

例えば、イギリスでは大人たちが『トイ・ストーリー3』を観に映画館に行ったことがニュースになったことがありました。これは1作目の『トイ・ストーリー』が1995年に公開だったので、その時に観た子どもたちやその両親(僕は3歳ぐらいで、お母さんと一緒に行った)が、2010年公開の『トイ・ストーリー3』を観に行ったわけです(ロンドン大学の学生だった僕は、3もお母さんと一緒に観に行ったよ!)。まあ、そういうことがニュースになるぐらいなんです。日本とはちょっと事情が違う。

そんななかでも、日本産のアニメは大人が観るアート映画として認識されています。ただし、英語吹き替え版は子ども用、オリジナルの日本語版(字幕版)は大人用というイメージです。なんだか、これはおかしいけれど……。とにかく、それぐらい日本のアニメにはすごいパワーがある。ファンベースが強い。それに、オーディエンスが広いんです。大人と子ども、両方にアプローチできる珍しいコンテンツなんです。

だからサブスクリプション方式でユーザーを獲得しようとする時、こんなにいいコンテンツはないわけです。「ジブリ映画が観れるなら!」とNetflixに登録する人がたくさんいるのは想像できますよね。上のツイートのいいねとリツイートの数を見てください。なによりの証拠ですよ!

で、これはフランスだけの話ではないんです。イギリスもそうだし、日本もそうです。とくに日本は欧米に比べてDVD文化が残っている国です。だから、Netflixに限らず、ストリーミングサービスを提供する側は、これから日本のアニメやドラマが強化していくと思います。彼らが欲しいのは、日本人のみなさんですよ。

Top image: © XanderSt/Shutterstock.com
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
世界屈指のIT先進国・エストニアは、7月1日から外国人向けの「デジタルノマドビザ」を導入。国外の雇用主との雇用関係や事業活動をおこなっていて、それがテレワ...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。