ビルの間に吊るすのは……新しい道の提案 in ニューヨーク

イタリアの建築家Lissoni Associatiさんが提案している「High Lines」。名前は線路を再利用した公園「ザ・ハイ・ライン」とほぼ同じですが、ちょっと規模が違います。彼が考えているのは、ビルとビルの間に吊るす「道」。

歩道と車道を上下に分けることで、人とクルマの流れがスムーズになりそうです。たくさんの人が行き来するニューヨークにおいて、交通渋滞を緩和する意図もあるのかもしれません。

構想段階なので建設されるかどうかは……未定。ただ、新しい道の提案としては、かなりユニークな視点ですよね。スパイダーマンが頭に思い浮かんじゃいました。

Top image: © iStock.com/Orbon Alija
他の記事を見る
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
あこがれの街。
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ニューヨークの摩天楼の特徴を最大限に活かした動画を撮影した、ビデオグラファーJulian Trybaさん。特徴は、タイムラプスの派生系である「レイヤーラプ...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
大自然を体感できるバンクーバー。それでも、都心部ではリラックスできる場所が少ないということで、同都市の図書館に空中庭園が設置されました。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...