自然を意識させるため、川の上に「家」を建設。

ポーランド・カトヴィツェを流れるRawa川。同国在住のアーティストJakub Szczęsnyさんは、これを都市の文化的象徴だと言います。実際に、ミュージックフェスティバル「Rawa Blues」の名前の由来は、川にあるようですし。また、多くのメディアには、家族でリラックスできる場所としても、しばしば取り上げられるんだとか。

だけど、工業地帯としても有名なカトヴィツェは、この川を埋め立てて再開発を進めているそう。例えば、人を集めるために、ヤシの木とベンチを置いたビーチを模したところが作られるといった具合に。

そこで、Jakubさんが警鐘を鳴らすために川の上に建設したのは「家」でした。

失われようとしている
大切なもののために

Brook House」と名付けられた家は、川に浮かぶようにして建てられているようです。誰にでも楽しんでもらいたいという気持ちから、市の許可を得て、公共施設としてオープンしました。

楽しみ方に制限はなく、話すだけでも良いし、日焼けをしても良いと語るJakubさん。だけど、考えて欲しいことがあるようです。

「ここに来た人には、自然が生活の一部だということを改めて感じて欲しい。逆もまた然り。いつもとは言わないけど、僕たちがしていることの意味を考える時間を、少しだけ増やしてくれればな、と」

ちなみに、川に置かれてから2日で、誰かによってチェーンが切られてしまい、後日、数キロ先の下流で発見されたそうです。そんな中、このアイデアを気に入っていた市役所は、2018年の4月にもう一度設置することを提案したのだとか。

Licensed material used with permission by Szcz
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
コペンハーゲンから約10キロのところにある街ビズオウア。ここに人工島をつくるという大規模なプロジェクトが考案されています。自然か開発、それともそこに住む人...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
NASAの発表によれば、空気中にある水蒸気がかたまって移動するときに形成される“川”のようなものが、洪水と干ばつを引き起こしているとのこと。これにより、3...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
川の印象が、起きたらなぜか鮮明に残っている。夢の中に出てくる川は、人生や運命を暗示します。川べりや川面の状態、登場人物などによって、あなたへのメッセージは...
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...