無数の流木は、自然に人体へと形づくられていく

河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、「流木」という言葉がもつ響きにも、どこかでノスタルジアを見出そうとしているのかもしれない。

長い旅路が「血肉」となる

水と大気と時間、そこに環境が影響しながら自然の中で創造されることを考えれば、もうこの時点で流木そのもが、自然のアートと呼べるのではなかろうか。けれどそれらを組み合わせることで、あらたな息吹が生む作品がある。アーティストNagato Iwasakiによるスカルプチュア「Torso」。

筋肉の隆起や首筋にかけてのライン、しなやかな曲線美をじっと眺めていると、人工物とも自然のものともまた違う、息づかいが聞こえてくるようだ。

F45264dcfb83074cc077f72e968c59746bbe32870a80399ba86a72029211ceda4195bfdf38cb6596571e14952f6e1e6cbea88d177c269d51372bfc8b1b8cb59421a5308069a823e919dde5ba719a5d7d6581a55cce6224db10671df2f647c8c3b89b06d0Faa0bab939bf8fbac9d22253e6c6552a6e7ebbbdFf3fddcac340f02f40d9de3daa33b74c9ad13fe803879c1dea96522b3223976f9e81d7b943e5705970c9d1b2cada4db6a0ddb5bf054b3f503e2e1182Bc0aba0800f753a1b1c3387090b51ec4cd204132

無数の流木は
自然に人体へと形づくられる

世界からも注目される流木アートについて、Iwasaki氏にいつくか質問をしてみた。流木の魅力って、どこにあると思いますか?

9d839d962d94f2e438c647aee9e3c0a147758fc7

──流木はどこから集められてくるのでしょう?

現在、山梨県の南端にある町にスタジオを構えています。車で30分も行けば駿河湾、台風が去った後に出向くと、浜辺には無数の流木が打ちあがる。世界の国々から流れ着いたそれらを拾い集めて材料にしています。

──流木による人体作品、どうやってできているんですか?

最初は机や椅子、自転車などの造形品を製作したいんです。このTorsoをはじめる前は、いくつか木を使った人体作品を製作していました。もちろん木を加工したり、釘やボルトを用いて。

でもTorsoでは、接着剤も、釘もやめて代わりに木の杭で止めています。曲げたり、削ったりといった加工も一切なし。つまりは、木の他には何の素材も使っていないんです。

──最後に、流木の魅力はどこにあると思いますか?

流木ひとつひとつが、初めから人体の部位に収まる運命を持っているかのように、様々な部位として自然と形になっていきます。私はただその人体の部品をつなぎ合わせているに過ぎません。

私たちの体もいずれは朽ち果てるのと同じように、私の作品も素材として朽ち果てることになるでしょう。木にはそのような「有機性」の魅力があり、流木を使う理由はそこなのではないかと思います。

Licensed material used with permission by Nagato Iwasaki
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
ポーランド・カトヴィツェを流れる「Rawa川」に、ある家が建設されました。誰もが出入りのできる公共施設として機能させたアーティストには、訪れた人にある1つ...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
NASAの発表によれば、空気中にある水蒸気がかたまって移動するときに形成される“川”のようなものが、洪水と干ばつを引き起こしているとのこと。これにより、3...
穏やかな週末を過ごす人々が行き交うパリで、セーヌ川に突然打ち上げられた「クジラの死骸」。その生々しさに、街にどよめきが起こりました。クジラの周りでは、防護...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
Janaina Mello Landiniさんのアートは、1本のロープを細く割いて制作されたものです。その完成形は、人体に張り巡らされた毛細血管のよう。
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
下記のインスタグラム動画を再生すると、5秒少々で何が起きているのかがわかる。その正体を知れば、きっと驚くはずだ。これといって不思議なところはなにもないよう...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
映像作品「I am Nature」には、ありのままの姿で自然の中に佇むふたりの男女が登場します。逆再生で時間を遡っていくと、彼らが元いた世界は身近にも感じ...