無数の流木は、自然に人体へと形づくられていく

河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、「流木」という言葉がもつ響きにも、どこかでノスタルジアを見出そうとしているのかもしれない。

長い旅路が「血肉」となる

水と大気と時間、そこに環境が影響しながら自然の中で創造されることを考えれば、もうこの時点で流木そのもが、自然のアートと呼べるのではなかろうか。けれどそれらを組み合わせることで、あらたな息吹が生む作品がある。アーティストNagato Iwasakiによるスカルプチュア「Torso」。

筋肉の隆起や首筋にかけてのライン、しなやかな曲線美をじっと眺めていると、人工物とも自然のものともまた違う、息づかいが聞こえてくるようだ。

無数の流木は
自然に人体へと形づくられる

世界からも注目される流木アートについて、Iwasaki氏にいつくか質問をしてみた。流木の魅力って、どこにあると思いますか?

──流木はどこから集められてくるのでしょう?

現在、山梨県の南端にある町にスタジオを構えています。車で30分も行けば駿河湾、台風が去った後に出向くと、浜辺には無数の流木が打ちあがる。世界の国々から流れ着いたそれらを拾い集めて材料にしています。

──流木による人体作品、どうやってできているんですか?

最初は机や椅子、自転車などの造形品を製作したいんです。このTorsoをはじめる前は、いくつか木を使った人体作品を製作していました。もちろん木を加工したり、釘やボルトを用いて。

でもTorsoでは、接着剤も、釘もやめて代わりに木の杭で止めています。曲げたり、削ったりといった加工も一切なし。つまりは、木の他には何の素材も使っていないんです。

──最後に、流木の魅力はどこにあると思いますか?

流木ひとつひとつが、初めから人体の部位に収まる運命を持っているかのように、様々な部位として自然と形になっていきます。私はただその人体の部品をつなぎ合わせているに過ぎません。

私たちの体もいずれは朽ち果てるのと同じように、私の作品も素材として朽ち果てることになるでしょう。木にはそのような「有機性」の魅力があり、流木を使う理由はそこなのではないかと思います。

Licensed material used with permission by Nagato Iwasaki
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
ポーランド・カトヴィツェを流れる「Rawa川」に、ある家が建設されました。誰もが出入りのできる公共施設として機能させたアーティストには、訪れた人にある1つ...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
旅先で迎えた解放的な朝、窓を開けてこう一言。「あ〜空気がおいしい!」。これを家で味わうために。
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。