そろそろ、「環境汚染」について真剣に考えようと思えた写真

大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間。だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思うのは私だけだろうか?

母国であるオランダの環境問題について、真剣に考えるアーティストのAlice de Kruijs。彼女は、自分たちと自然の恐ろしい関係を見つめ直すために、少し違和感のある写真シリーズ「Les Temps Modernes」を生み出した。

せっかくの自然を
台無しにするのはダレ?

Alice de Kruijsの写真は、抽象的な部分もあってすぐに「危機感」を抱けるようなダイレクトに伝わるものじゃない。けれど、自然をこのまま汚していくと、最後に自分はどうなるのか…。その先を少し考えてしまった。

そろそろ、自然との付き合い方を本気で考えてみてもいいのかもしれない。今からでも遅くはないはずだから。

Licensed material used with permission by Alice de Kruijs
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
ロンドンに拠点を置くラグジュアリーカスタムショップ「Truly Exquisite」が、24Kゴールドで仕上げられた「PS5」の予約販売を受付中だ。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
「米航空宇宙局(NASA)」は、今月2日に大気汚染の原因となっている二酸化窒素の濃度が中国各地で大幅に減少していることを示す衛星写真を公開した。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
オランダを拠点にする「Studio Roosegaarde」が開発したこの看板は、周辺の汚れた大気を吸収して酸素を排出するという特殊な機能をもった樹脂でコ...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。