世界一寒い村「オイミャコン」の、ありふれた日常風景

業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。では世界一寒い村はどこにあるかというと、さらに内陸に位置するオイミャコン村。1月の平均気温が-50℃で、過去には-72℃を記録したこともあるというほどの寒さです。

その寒さとは、一体どれほどのものなのでしょう。そこを旅したフォトグラファーが撮影した、ヤクーツクとオイミャコンのありふれた日常をご紹介します。

いざ、オイミャコン村へ

Cff26caeec892ba63cdc011068da950073a878efC0398b27ef902bf40433e87561701b8fd0ccd355

ドアを開けると、目に見えるほど冷気が一緒に入ってくる。

011e2d69a3bd0866a11bc0985384016bd3e87f09F08a0a8feeb3e3caba2d089da4c6ed96407ac89c

オイミャコン村へと続く、唯一の道。

Dcd990a58b5fb44bac5acc8e675eff6938a5ae36E8012ad263e9758a32d7136c11d07017338fa2dfD05f27694d2a1562cb9563719a43de48fcd58d728181d7ed766032e3413b1746e98ec2b6226a265c

うかつに「外に出したまま」にはできない。

F640e9762996e633c6d46ae1f464dd7826a7195d

ヤクーツクやオイミャコン村では野菜が育たないため、主食は肉や魚。露地売りしていても、常に天然のフリージングがされている、新鮮なまま。

撮影する指が凍結する世界

Ea40df9081900ac90258cbef42af885edc6f1714

これらの写真は、ニュージーランドに住む旅行写真家エイモス・チャップルさんによるもの。

「世界で一番寒い」という言葉に魅力を感じ、村を訪ねたといいます。初日の気温は、-52℃。寒さのあまり、フォーカスやズームリングが凍り付き、撮影2時間でカメラが故障してしまったそう。

「村全体の様子を撮ろうとラジオの電波塔に上ったんだけど、あまりの寒さに手が震えてシャッターが押せなかったんだ。だから手袋を脱いでなんとか撮ったんだけど、今度は親指が凍っちゃって…。手をポケットに突っ込んですぐにゲストハウスに戻ったんだけど、2週間くらい親指の皮が日焼けしたみたいにむけちゃっていたよ…」

Fbd4ac4d0a70bc107ef0228f5f0cc0973f5f12360d69602cc4064004e2d588de9a638097202b204f

牛舎にも暖房がついている。

8700df11c573f4d18cce20d53bdc094c2f4f7d8a

トイレは外にある。地面が凍って配管できないからだとか。

83a8e07c1980a768059f592f6c811921617797ea

たぶん、窓は開かない。

Cb316b607a1e06226a764a53f6f6ca59d36f6f5c

村にひとつしかない、日用洋品店。

8f8ef9c2d130e1bc7268acf04bbc84b25c761305

川は、当然凍っている。

3e5f559474b9f94326364a668cbdb0da1078657a

バスを待つ、女性。

 

村には村の
フツーの暮らしがある

フォトグラファーのチャップルさんが、ヤクーツクの街とオイミャコン村で撮影したのは2日間。

その間、極寒には悩まされたものの、ヤクーツクの街にはショッピングモールやレストランやバーなどが立ち並び、ロシアの他の都市とあまり変わらないという印象だったそう。

ただし、

「バーをはしごするときは、ビールを手に持ったまま外に出ないこと。次のバーに着くまでには中身が凍ってしまうからね」

Licensed material used with permission by Amos Chapple
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
まるでファンタジーの世界に迷い込んだような世界観!でもこの雰囲気、日本で楽しめちゃうんです。ここは"世界一美しい村"と呼ばれているイギリスのコッツウォルズ...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
この足元用セラミックファンヒーターはまさにペンギン村にありそうなマシンです。イエローのボックスフォルムが最高!
知らない土地の、知らない文化にもまれてくらす、同年代の若者たち。彼らはいったい、どんな日常を、どんな想いで、送っているのだろう。
なんかちょっと、変なんだけど。
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
ハッキリしたイメージがないからこそ、真っさらな目でみたら……。
あこがれの街。
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
「どうしたの?」写真を観た瞬間に心の中で呟いてしまった。こちらの猫の名前は、ルフくん。世界一さびしげな顔の猫として知られているようだ。この物憂げな表情が、...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...