この「ペンキ」が、地球温暖化に歯止めをかけるかもしれない。

オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で開発が進むこのペンキ。塗るだけで水素燃料を生成できてしまうというもの。

太陽光や風力といった、クリーンエネルギーに続く発電方法が模索されている昨今、環境への負荷がなくエネルギーをつくりだす「ソーラーペイント」に、がぜん注目が集まっているようですよ。

次世代のクリーンエネルギーとなるか

同大学のKourosh Kalantar-zadeh氏とTorben Daeneke博士、彼らが研究を進めているソーラーペイントに含まれている成分は、硫化モリブデンと酸化チタン。

このペンキは、乾燥剤によく用いられるシリカゲルのように、大気中から水分を吸収するという特徴があります。そして、ペンキに含まれる上記成分が触媒としての役割を果たすことで、吸い上げた水分が「水素」と「酸素」に分解される仕組み。

“クリーンな発電方式”として注目されている水素発電ですが、燃料となる水素は自然界には大量に存在しないので、どうしても人力で生成する必要があります。その際、電気を使う方法では、CO2が排出されてしまってエコじゃない。クリーンな太陽光エネルギーを使う方法だと、コストが高くついてしまう…という問題があります。

けれど、このソーラーペイントならば環境に負荷がなく、コストも抑えることができるんだそう。さらには、主要成分のひとつである酸化チタンは、そもそも白い塗料に含まれていることが多いため、既存のペンキに一部成分を追加するだけで済むという利点もあるんだとか。

「空気中の水分を使うため、暑くても寒くても、どんな場所でも活用できるというメリットも忘れてはいけません」

保管が比較的難しい成分とされてきた水素。生成した後にどうやって貯蓄し、発電に活用していくか、など詰めていくべき点はこれから。それでも、大気中の水分を用いて、完全にクリーンなエネルギーを生み出すことができたなら……世界の環境問題を改善へと導く、大きなソリューションとなるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by RMIT University

関連する記事

水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「Facebook」はこのたび、2020年をもってすべての運営活動に100%再生可能エネルギーを使用し、二酸化炭素排出量をゼロにする目標を達成したと発表した。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
7月14日、「バーガーキング」が「ゲップ」と「オナラ」をする回数の少ない牛を飼育し、その肉を使ったワッパーの販売を発表。
昨年10月のコンテストで建築スタジオ「ABIBOO」が発表した火星都市の構想は、長年の人類の夢を大きく前進させそうだ。
7月14日、「バーガーキング」が「ゲップ」と「オナラ」をする回数の少ない牛を飼育し、その肉を使ったワッパーの販売を発表。
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
NASAの地球観測衛星「ランドサット」がとらえた、アラスカの氷河・氷床の映像。過去47年分の大地の記録。
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
長野「八方尾根スキー場」に、CO2排出量ゼロ、100%再生可能エネルギー稼働するスキーリフトが誕生した。
7月12日までクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「GoSun Flow」は、太陽光発電システムを搭載したポータ...
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。