上海にオープンしたスタバの、コーヒー以外の「3つの魅力」

2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープンしました。

世界最大のスタバとして、一気に知名度が上がっていますが、それだけじゃない。もちろん、焙煎や抽出を楽しめるのもポイントだし、他にも数え切れないくらいの魅力があります。

だけど、ここではコーヒー以外の「3つのポイント」に絞って、お届けします。

01.
これまでにない
最先端の「TEA」体験

最近、日本でも見かけるようになったナイトロ・コールドブリュー・コーヒー。窒素ガスを入れることで、黒ビールのような、なめらかな口当たりを体験できる、というのがポイントです。

上海では、ティーメニューを専門に扱う「ティバーナ™」による、同じように窒素を加えた新しい「TEA」が体験できるそう。言い換えれば、最先端のお茶を楽しめるということ。これは、あのシアトルでも飲むことができません。どんな香りや味わいが待っているのかが、気になる…。

02.
3Dプリンターから作られた
環境に優しい「バー」

中国といえば、しばしば大気汚染やゴミ問題が取り上げられることも。

店内に併設されている「ティバーナ™」のバーカウンターは、全て3Dプリンターから作られているようです。しかも、リサイクル素材を使用。欲を言えば、ストローなどのリユースも検討してほしいかも。

だけど、こういった取り組みが、多くの人の注意を喚起できるのでしょう。

03.
「AR」を使って
コーヒーについて学べる

最後のポイントは、テクノロジー。

AppleのARKitのリリースで、急速に注目を集めている「AR」ですが、上海店でも利用できるのだとか。特定の場所にスマホをかざせば、コーヒーができるまでのプロセスが学べるそう。さらに、広い店内のガイドまで。

おそらく、多くの人で賑わっていることでしょう。となると、オーダーしてからの待ち時間も、長くなりそうです。でも、こういった特徴があれば、楽しみながらコーヒーを待てるかもしれません。

Licensed material used with permission by Starbucks Coffee Company
他の記事を見る
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
上海の住宅街に建つ幼稚園「∞kindergarten」は、その名の通り、上空から見ると「∞」の形。「∞」の内側にも外側にもグラウンドがあり、スペースを有効...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
日本初。世界で5店舗目のスターバックス リザーブ® ロースタリーが中目黒にオープン!
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...