上海にオープンしたスタバの、コーヒー以外の「3つの魅力」

2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープンしました。

世界最大のスタバとして、一気に知名度が上がっていますが、それだけじゃない。もちろん、焙煎や抽出を楽しめるのもポイントだし、他にも数え切れないくらいの魅力があります。

だけど、ここではコーヒー以外の「3つのポイント」に絞って、お届けします。

01.
これまでにない
最先端の「TEA」体験

8ff333929bb9c6226b674adf00f3c1f6e92f35dc

最近、日本でも見かけるようになったナイトロ・コールドブリュー・コーヒー。窒素ガスを入れることで、黒ビールのような、なめらかな口当たりを体験できる、というのがポイントです。

上海では、ティーメニューを専門に扱う「ティバーナ™」による、同じように窒素を加えた新しい「TEA」が体験できるそう。言い換えれば、最先端のお茶を楽しめるということ。これは、あのシアトルでも飲むことができません。どんな香りや味わいが待っているのかが、気になる…。

02.
3Dプリンターから作られた
環境に優しい「バー」

0ada430ea8933b04f4d4314949cf1a4d7834c848

中国といえば、しばしば大気汚染やゴミ問題が取り上げられることも。

店内に併設されている「ティバーナ™」のバーカウンターは、全て3Dプリンターから作られているようです。しかも、リサイクル素材を使用。欲を言えば、ストローなどのリユースも検討してほしいかも。

だけど、こういった取り組みが、多くの人の注意を喚起できるのでしょう。

03.
「AR」を使って
コーヒーについて学べる

7eeea4def01c30c0ebb3a9f91b7bef99bb60b131

最後のポイントは、テクノロジー。

AppleのARKitのリリースで、急速に注目を集めている「AR」ですが、上海店でも利用できるのだとか。特定の場所にスマホをかざせば、コーヒーができるまでのプロセスが学べるそう。さらに、広い店内のガイドまで。

おそらく、多くの人で賑わっていることでしょう。となると、オーダーしてからの待ち時間も、長くなりそうです。でも、こういった特徴があれば、楽しみながらコーヒーを待てるかもしれません。

Licensed material used with permission by Starbucks Coffee Company
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!