上海にオープンしたスタバの、コーヒー以外の「3つの魅力」

2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープンしました。

世界最大のスタバとして、一気に知名度が上がっていますが、それだけじゃない。もちろん、焙煎や抽出を楽しめるのもポイントだし、他にも数え切れないくらいの魅力があります。

だけど、ここではコーヒー以外の「3つのポイント」に絞って、お届けします。

01.
これまでにない
最先端の「TEA」体験

最近、日本でも見かけるようになったナイトロ・コールドブリュー・コーヒー。窒素ガスを入れることで、黒ビールのような、なめらかな口当たりを体験できる、というのがポイントです。

上海では、ティーメニューを専門に扱う「ティバーナ™」による、同じように窒素を加えた新しい「TEA」が体験できるそう。言い換えれば、最先端のお茶を楽しめるということ。これは、あのシアトルでも飲むことができません。どんな香りや味わいが待っているのかが、気になる…。

02.
3Dプリンターから作られた
環境に優しい「バー」

中国といえば、しばしば大気汚染やゴミ問題が取り上げられることも。

店内に併設されている「ティバーナ™」のバーカウンターは、全て3Dプリンターから作られているようです。しかも、リサイクル素材を使用。欲を言えば、ストローなどのリユースも検討してほしいかも。

だけど、こういった取り組みが、多くの人の注意を喚起できるのでしょう。

03.
「AR」を使って
コーヒーについて学べる

最後のポイントは、テクノロジー。

AppleのARKitのリリースで、急速に注目を集めている「AR」ですが、上海店でも利用できるのだとか。特定の場所にスマホをかざせば、コーヒーができるまでのプロセスが学べるそう。さらに、広い店内のガイドまで。

おそらく、多くの人で賑わっていることでしょう。となると、オーダーしてからの待ち時間も、長くなりそうです。でも、こういった特徴があれば、楽しみながらコーヒーを待てるかもしれません。

Licensed material used with permission by Starbucks Coffee Company
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
今回は高輪ゲートウェイ駅にあるスターバックスコーヒー。日本初のキャッシュレス特化型店舗としてオープンしたスターバックスにある「SMART LOUNGE」っ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
上海の住宅街に建つ幼稚園「∞kindergarten」は、その名の通り、上空から見ると「∞」の形。「∞」の内側にも外側にもグラウンドがあり、スペースを有効...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
2020年春、新宿御苑のレストハウスが「スターバックスコーヒー」にリニューアル。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
コンセプトは“はたらく人のための「夢中になれる場所」”というビジネス利用を意識した「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」が7月30日にオープン。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...