あなたなら、なんて答える?「Say Something Intelligent」

「愛に溢れた、すごく心地の良い動画だね」

「80〜90年代生まれの人は、思わずノスタルジーを感じてしまうはず」

「うまく言葉で表現できないんだけど、すごく惹かれる。何回も見ちゃうよ」

「Vimeo」でじわじわと話題を集めているショートフィルム「Say something Intelligent」

クリエイターのルイズ・ベネットさんによるこの作品は、ソニーの家庭用ビデオ・Hi8(ハイエイト)で撮影された、90年代のホームビデオを編集したもの。そこでは撮影者である彼の父親が、家族や友人に「Say Something Intelligent !(何か知的なことを言ってみてよ!)」と問いかけていくのです。

あなたならなんて答える?

「ハーイ!」

「…私が言えることなんて、何もないわよ」

(電話に向かって)
「Joan(撮影者)がね、僕のお気に入りの質問を尋ねてきてるんだ。“Say something intelligent”ってね!」

「コンニチワ」

「アイム ハッピー!」

この少年、冒頭でも紹介したルイズさんの幼少期だそう。

「今、新しいレシピを試してるの。これが私の"Intelligent”よ。ほら、カメラを止めて他のことをやりなさいよ」

「何だろうね〜、ハハ!」

「Intelligent(知的)」
ってなんだろう?

大人になったルイズさんに聞いてみました。

「もしも今、この質問を投げかけられたら…。僕もなんて答えるか分からないな。このビデオに映っている多くの人と同じように、ぎこちなく“ハロー”って返すのが精一杯かもしれない。聞いてくるのがパパだったら、わざと生意気で失礼なことを言うかも知れないね。それで面食らった彼の様子を見て、内心ニヤつくんだ!

…っていうのは冗談だけど、やっぱり“Intelligent”は、地球や環境を大切にしている人のことを言うんじゃないかな。そして何より、人の気持ちに共感ができる人こそ“Intelligent”だよね

あなたにとっての“Intelligent”は、なんですか?

Licensed material used with permission by Lewis Bennett
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。