「落とし穴」があるリビングがなぜ居心地がよいのか。

「(ピンポーン)お邪魔します」

「いらっしゃーい。いま手が離せないから、どうぞあがって!」

「失礼しま〜す」

ガチャッ

…えっ?!

ヒィッ

リビングの中心になんで落とし穴があるの??

と錯覚してしまうこちらは、「Void Rug」というフロアラグ。一見モノトーンのシンプルなラグですが、特定の角度から見ると、床に円形の穴があるように見えるのです。はじめてお邪魔したお宅にあったら、少しびっくりしますよね。

これを手がけたのはイギリスのデザイナーScott Jarvieさん。彼いわく、

この3Dデザインは、ある方向から見れば単純な幾何学的なパターン模様であり、また別の特定の方向からみると「日常に潜む危険な穴」になる錯覚ラグです。

視点と光、質感を慎重に検討したことで、このように錯覚させるデザインが完成できたのだそう。

100%の純ウール製で肌触りもよいため、“大穴”の上にあえて寝転びたくなってしまいそう。デザイン性ばかりに注目しがちですが、素材にもこだわっているんですね。

真上から見ると、シンプルなラグ。

サイズは、1mと1.4mの2種類。 

あ、玄関にも!

円形バージョンは広いスペース向け。四角バージョンは2.5m x 0.8mサイズなので、玄関や廊下などに。

新生活に合わせてラグをお探しなら、楽しくてリラックスもできるこんなユニークアイテムも選択肢に入れてみては?

まったく危険じゃないこの“落とし穴”で、まだ打ち解けきれていない新しいお友達にイタズラしちゃいましょう!

Licensed material used with permission by Scott Jarvie for Delupo, Delupo, @jarviedesign, @delupo_official
たまに、「部屋の模様変えしたいなぁ」と思うことがある。だけど、壁紙を変えたり照明を変えたり、そこまで手間をかけるのはめんどう。簡単に部屋の印象を変えられる...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
「ブレイド・ウール・ラグ」は、ウールの質感と同心円状に編み込まれたデザインが、フローリングに合います。映画で観たことある、あの感じ。アメリカンヴィンテージ...
〈3sun(サン)〉のビーチラグは、ヨーロッパのリゾートで使われているような、シンプルでちょっと懐かしい感じ。天然素材なので、使い込むほどに目がギュッと縮...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
スマホサイズで情報伝達できてしまう功罪のひとつが、なんでもスワイプ、スクロールしてサクサク次の情報へと進んでしまうスピード感。必要な情報がないと分かれば、...