「IKEA」の新作コレクションで「引っ越し」がラクになる!

8月1日(木)から「IKEA」が完売次第終了の限定コレクション「OMBYTE(オムビーテ)」を展開中。「引っ越し」をテーマにしたもので、ラインナップには「荷づくりしたらそのまま使える」アイテムが並ぶ。

たとえば、引っ越し時だけでなく、移動先でも使い続けられる梱包用ボックス。引っ越し先で捨てられるだけだったダンボールだが、なるほどこのデザインであればそのまま愛用したくなるというわけだ。

そのほかにも、何が入っているか一目瞭然で、かつ重ねられるからそのままキャビネットとしても使えるワイヤーバスケットや、そのまま収納として使ってもよし、別々にしてそれぞれを家具として使ってもよしのキャスター付収納コンビなど。実用性を考えると、引っ越し予定の有無に関わらず、インテリアグッズとして取り入れるのも大いにアリな印象を受ける。

同業他社を含め、このような「引っ越し」を意識したアイテムの展開が加速すれば、私たちの生活スタイルは今以上にフレキシブルなものになるかもしれない。

©イケア・ジャパン株式会社
©イケア・ジャパン株式会社
©イケア・ジャパン株式会社
Top image: © イケア・ジャパン株式会社
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。
全国の「IKEA」にスウェーデンの夏の風物詩「ザリガニ」メニューが登場。
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
いくつもの大型店舗をどかーんと構えるIKEAが、マンハッタンに“らしくない”店舗をオープンしました。
これまでにも何度も展開され話題となった「IKEA」のPRキャンペーン「Wonderful Everyday」。新作動画のテーマは「クリスマス」。
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
僕らの日常にちょうどいい━━。そういう感覚でつき合える「IKEA」を集めてみました。
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
Z世代に刺さったユーモアたっぷりのCM。
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
IKEAの「ÖVERMÄTT オーヴェルメット」はシリコン製のフードカバー。洗って繰り返し使える。
「IKEA」から、植物のある暮らしを提案する新コレクション「BOTANISK/ボータニスク」がデビュー。今週1日(月)よりオンラインストア及び全国のIKE...
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
「左ききの道具店」が期間限定のポップアップ「おでかけストア」を開催中。会場は東急ハンズ 梅田店。
山と一体化したような緑の多い外観は、まさに “Valley(渓谷)” の名にふさわしく、自然の豊かさと温かさを感じさせる。
取り付けておくだけで、室内の空気を綺麗にしてくれるカーテン「GUNRID」。2月18日、IKEAが来年までに発売すると発表しました。
12月1日よりIKEAの家具を熟知した専門スタッフによる「組立代行サービス」が全国でスタート。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
2021年にウィーンに誕生する予定の「IKEA」の新店舗はなんと駅近で駐車場なしの都市型店舗。緑のファサードが特徴的な7階のビルは、ミレニアルズの溜まり場...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。