「アートは引っ越しのときに買う」論

「週末どの展示を見に行こうか?」
「あの作品めっちゃ良かったよね」
「前回見逃したから今度は絶対!」

なんて話で盛り上がっていても、アートを買った経験がないなんてことはよくある話。

購入する背景は様々だし、金額もピンキリだ。憧れの家具や洋服と同じ感覚で買っているという意見もある。

中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、そんな話をしていた。

artless appointment gallery
〒153-0051 東京都目黒区上目黒 2-45-12(MAP

ギャラリーは、“クラフト”をテーマにストーリーのあるお茶とコーヒーを提供するカフェ、artless craft tea & coffeeのなかに併設。

ここでは、5月7日までの間、現代アートのセレクトショップ、WALLS TOKYOとの共同展示が開催されている。

アニッシュ・カプーア、アンディ・ウォーホル、ジュリアン・オピーの作品が鑑賞・購入できる。「ほら!ウォーホルですよ!」という感じじゃないものがあって楽しい。

平日は購入希望者のために、予約制のプライベートビューイングを案内中だが、土日・祝日の11:00-20:00の間は、予約なしで誰でも鑑賞可能。気軽にお茶を飲みにフラッと立ち寄れる。

アートはよく売れている

展示に訪れると、オピー作品はすでに完売だった。まとめ買いされたと聞いた(閲覧はできる。別の作品を展示する予定もある)。

ギャラリーを運営するartless Inc.の川上 シュンさんは「最近は珍しくない」と言っていた。

聞くと、アートはよく売れている。人気があるのは50〜100万円の価格帯。多くは投資目的であり、買い手は利回りを考える富裕層がほとんどだ。

が、金額的にリスクが低く、購入して数年後に値段が飛躍的に上がる可能性もあるため、幅広い層に買われているとも聞いた。こんな意見がある。

買いどきは「引っ越し」のとき

子どもが大きくなったタイミングで、それまで住んでいたマンションを売る。その資金を使ってより広い家を買う。そんな家族をイメージするとわかりやすい。

新居の壁紙や設備を選ぶように、お気に入りの作品を購入する。部屋に飾る。豊かな気持ちで生活を送る。引っ越しとともに売却する。その資金で新しいアートを買う。

このサイクルを繰り返す。

株価を見るように機を見計らっているわけではなく、模様替えや引っ越しがきっかけになる。

家を建てたり、買ったり、リノベしたり、多拠点生活を始めたり、オフィスを移転したり……。新たな空間を必要としている時に、アートを買うきっかけは生まれる。そりゃそうだって話なのだけど、大きな買いものをするときほど、この選択肢を覚えておきたい。

庭付きの家に木を植えてその成長を楽しむ代わりに、壁にかけた作品やその作家の活動を見守ってもいい。来客への説明にも熱が入るだろうし、ついでに値段が上がるかもしれない。

多くの富裕層が、作品を購入しても封を開けず、そのまま倉庫にしまってしまうという話を聞いた。売ってお金にはなるのだろうけれど、それではなんだか味気がない。

暮らしの雰囲気に合わせて好きなアートを買う。生活の変化とともに手放す。新しい作品に刺激を受ける。売ったものは人から人へと渡っていく。その輪のどこかに自分がいる。そう思うと気持ちも高揚する。ついでに値段が上がるかもしれない。

そんなことを考えながら話していたら、あっという間に時間が過ぎた。

となりには、ギャラリー、カフェ、セレクトショップの運営をする、artless Inc.のオフィスがある。中を覗くと壁にカウズの大きな作品がいくつか飾られている。こちらもWALLS TOKYOで販売中。

Webに掲載されている作品はどれも買えるが、文京区にあるショップへ鑑賞しに行くのもオススメだ。植物園が近くにある静かな空間で、ゆっくりと過ごす時間は心地いい。

ポップアート好き、グラフィック好きはもちろん、引っ越し好きな人も、ぜひ。

Licensed material used with permission by artless Inc.

関連する記事

8月1日(木)から、IKEAが完売次第終了の限定コレクション「OMBYTE(オムビーテ)」を発売中。テーマは「引っ越し」。
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ユニクロのTシャツブランド「UT」がアートギャラリー「NANZUKA」とコラボレーション。日本の現代アートを牽引するキーマンたちのデザイン&グラフィックセ...
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは! 
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...
新年を迎えたところで心機一転、引っ越しを予定しているあなたへ。「Elite Daily」に寄稿するライター、Briana Bellさんが「引っ越しをする際...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
「THE SHARE HOTELS」は、3月31日、東京・浅草にアートストレージを併設したホテル「KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTEL...
さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかけるアート作品が話題。
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
NETFLIXオリジナルドキュメンタリーシリーズ『アート・オブ・デザイン』が、新型コロナウイルスによる世界的なロックダウンを受けて、YouTubeで無料公...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...