平面一枚から形づくる「ノマド生活者」向けのイス

モンゴル遊牧民の家(ゲル)は、2〜3人で作業して1時間半〜2時間程度で組み立てられるのだそう。彼らが移動を前提とした居住環境を築く一方、イギリスでは「経年優化」という言葉のとおり、古い家に価値を見出して、長く大切に暮らしています。

日本の場合、もちろん家を買って長く住む人もいれば、転々と引っ越しをする“ジャパニーズ遊牧民”も結構多いですよね。

一つのところに長く住むメリットももちろんたくさんあるけれど、「一度の人生せっかくだから」と、さまざまな土地に根付いて生活環境を変えてみる、という楽しさも。

こうしたユーザーならではの悩みといえば「移動の手間」。これをなくし、もっとノマドのライフスタイルに近づけないかと夢見てつくられたのがコレです。

6709418091610112
©Yuichiro Morimoto Design
6504089932267520
©Yuichiro Morimoto Design

この「SCARF CHAIR」は、ぶ厚めのビニール素材でつくられた、別名「1枚の平面からできるイス」。その名のとおり、ビニール素材を組み立てて使うものだそう。

組み立て方は、こんな感じ。

床に広げて、

5216912661282816
©Yuichiro Morimoto Design

内側の小さいほうを組み立てておき、

6388841732636672
©Yuichiro Morimoto Design

もう一枚も組み立てたら、

5176828536815616
©Yuichiro Morimoto Design

その上に最初につくったほうを乗せる!

5421559799873536
©Yuichiro Morimoto Design

完成!

5137974115172352
©Yuichiro Morimoto Design

欠けた半円のような形の素材に1本カットを入れて、五角形を切り抜いています。その五角形が座面部分、切り抜かれた残りの円が土台に。

これなら解体すれば引っ越しの際でも持ち運びがラク。大型家具のプラス料金も払わなくて済みますね。ちなみにデザイナーの守本 悠一郎さんいわく、現在、特許出願中だそう。

ただ残念なポイントが2つ。
一つめは、現時点ではまだ商品化はされていないこと。今後このアイデアを生かした商品が世に出る可能性もあるようなので、期待大。そしてもう二つめは、体重制限がMAX70〜75kg!

我こそは“遊牧民”、と自覚のある70kg未満の方は、要チェック。

5065193746857984
©Yuichiro Morimoto Design
Top photo: © Yuichiro Morimoto Design
一人暮らしをしている人は部屋のスペースが限られているので、ダイニングテーブルやイスを置くことがあまりないのかもしれません。でも、この「Bookchair」...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
ストレスやうつ病を緩和し、人々に長生きと幸せをもたらす家具を、と考えて、この「Huggie」をつくったそうです。体に合わせて膨らんできて、気持ちよく包み込...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
スイスのメーカーが開発した「Chairless chair」は、背中からかかとまで続く拘束具のような風貌。これ、中腰になるとロックがかかり固定されることで...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...