【涙腺崩壊】復職した恩師に贈った「アメイジング・グレイス」が泣ける

ピーター・フランク(29歳)は、アメリカのオーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン10でファイナリストに選出されたボーカリスト。彼が歌を学んできた中で、最も影響を受けた人物がガブリエリン・ワトソン先生だった。

NBCC」によれば、シカゴ・モーガンパークハイスクールで歌を教えている彼女は、多発性骨髄種の治療のため7カ月ほど休職していたが、幸い2016年2月に復職。これは、その際に教え子たちから贈られたサプライズの様子を捉えたもの。

彼女がいかに愛されていたのかが伝わってくる内容に、つい目頭が熱くなる。ぜひ動画を見てほしい。

何も知らず校舎に入ってきたワトソン先生。

待ち構える教え子たち。

「もう来るわ!」。

歩を進めると、歌声が聞こえてきた。

ピーターだ。

突然のことに、動揺を隠せない様子。

続々とメンバーが集まってくる。ワトソン先生はロッカーにもたれながら床に腰を落としてしまった。

「Oh My God!」。

みんなの輪の中へ。

「これは、あなたが長年の間ぼく達全員に注いでくれていた愛情を現す、小さな一例です」。

「いまのぼくがあるのは、すべてあなたのおかげだから」。

「ぼくはそれに感謝しています」。

動画の中で彼女はこう話した。

「みんなと一斉に会えるなんて思っても見なかったわ。とても愛されている感じがした。大切なことね」。

感極まるその姿から情熱的な人柄が伝わってくる。

ピーターは「アメリカン・アイドル」で彼女の名前を紹介し、「認知されるべきヒーローだ」とコメントした。彼がくしゃくしゃに表情を歪め、声を震わせながらワトソン先生に感謝の気持ちを伝えたシーン、何度見ても泣ける。

Licensed material used with permission by Kleenex brand