【涙腺崩壊】復職した恩師に贈った「アメイジング・グレイス」が泣ける

ピーター・フランク(29歳)は、アメリカのオーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン10でファイナリストに選出されたボーカリスト。彼が歌を学んできた中で、最も影響を受けた人物がガブリエリン・ワトソン先生だった。

NBCC」によれば、シカゴ・モーガンパークハイスクールで歌を教えている彼女は、多発性骨髄種の治療のため7カ月ほど休職していたが、幸い2016年2月に復職。これは、その際に教え子たちから贈られたサプライズの様子を捉えたもの。

彼女がいかに愛されていたのかが伝わってくる内容に、つい目頭が熱くなる。ぜひ動画を見てほしい。

25137ea3fcaac075388731d3f54c21183c860fbd

何も知らず校舎に入ってきたワトソン先生。

7960f46738277b83ea2e81b1bb9fad58e77b8ec1

待ち構える教え子たち。

5fe839c1719e5fd6fe4fe87a395f5ae80d44f633

「もう来るわ!」。

F69aa62535bd501f226aa1ffde257ed447182ae2

歩を進めると、歌声が聞こえてきた。

F35f976afdca2fa288897825366e9934d7eb642a

ピーターだ。

E46208e4073ad1475d8ceb976529797795bde0bdC3b92746e24d0c432c30e3528188e5fa3a031c374fdca9514ca81f1bd41be8eb1c2e1a74064c7949

突然のことに、動揺を隠せない様子。

4a2c3dbbfc04269f9eaa1095315a5372c4d591ba

続々とメンバーが集まってくる。ワトソン先生はロッカーにもたれながら床に腰を落としてしまった。

31a8da5d1fd7b5ecfe1a7135d9440ce70997969a4348966019b5042c742729547c95d4833701ffd0Cf4dcd366cd971efbf7cb33cc3ce932bc647067a8a87c95b79c339c4ca801243c4f6111d14feb6f459f4f34bad8bc2e1505f9f3cb543ea1f3363061634f0b2cdf0349cab268494f08fe2c66db4709fde6b3e5a8e841ed2c18a7ec34ac3900216ad0624a8

「Oh My God!」。

Ed3d790c1d5e61e61afcf22d0aca85ad02556874

みんなの輪の中へ。

D631885e95083a90f654e7f1575d47b2ad7a15d7

「これは、あなたが長年の間ぼく達全員に注いでくれていた愛情を現す、小さな一例です」。

2f88ac1f7face3b8810766b0b4dd765da85962dd

「いまのぼくがあるのは、すべてあなたのおかげだから」。

B2202a47ef1fc797f40e897635b2b6aa26395c44

「ぼくはそれに感謝しています」。

Cb58e0d61abbe9c02ba2c659f202059c2553ee31A5e8a24b1014199677865ccd414a7d878253313b

動画の中で彼女はこう話した。

「みんなと一斉に会えるなんて思っても見なかったわ。とても愛されている感じがした。大切なことね」。

感極まるその姿から情熱的な人柄が伝わってくる。

ピーターは「アメリカン・アイドル」で彼女の名前を紹介し、「認知されるべきヒーローだ」とコメントした。彼がくしゃくしゃに表情を歪め、声を震わせながらワトソン先生に感謝の気持ちを伝えたシーン、何度見ても泣ける。

Licensed material used with permission by Kleenex brand
歌い手のヘイリー・ラインハルトは、全米規模で行われているアイドルオーディション番組、アメリカン・アイドルで話題になった女性。そのスモーキーな甘い声で唄う、...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
一人暮らしをしている人は部屋のスペースが限られているので、ダイニングテーブルやイスを置くことがあまりないのかもしれません。でも、この「Bookchair」...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
誰もがなったことがあるであろう「ゲシュタルト崩壊」。これにインスピレーションを受けた家具って一体どんなだ?
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語る。「がんでダメー...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
現在マサチューセッツ州在住のジェフリーさんは、ビザや経済的な理由からアフリカ・ガボンに住む家族に会えず、弟とは4年、母親とは10年、顔を合わせていませんで...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
今インターネットで話題を集めているアイドル猫ちゃんがこちら。ふわふわで真っ白な毛並みが特徴のヴァン猫、エイロスちゃんです。瞳の色が綺麗なブルーとグリーンに...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
米ワイオミング州に暮らすCatie Reayさん。夫Chadさんの誕生日に、あるサプライズを仕掛けました。わずか80秒足らずの動画ですが、観ているこちらま...
とかく暗いニュースが多くなりがちな昨今。みんなが憎しみ合ったり批判しあったりするのを目にする機会も多いですが、誰かの1日をハッピーにしたり、人を笑顔にする...
新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。