車イスに制限されたりなんかしない。誰だって世界を旅できる。

ケヴァン・チャンドラーさんは、体が思うように動かなくなってしまう「脊髄性筋萎縮症」という難病を抱えており、普段は車椅子で生活しています。

そんな彼はいま、世界中を旅するバックパッカー。ときにはフランスのダンスパーティで踊り明かすことも。

でも、ちょっと変わっているのは……

自身が「バックパック」になって旅をする

2015年夏、アメリカ出身のケヴァンさんを含めた7人の友人グループが、ヨーロッパ周遊旅行を計画しました。しかしその旅の問題点は、彼が車椅子だったため、行動範囲がバリアフリーな場所に限られてしまうこと。

そこで友人たちは、ケヴァンを背負うための、オリジナルのバックパックを作ることに。そうすれば、体の事情に制限されることはありません。

クラウドファンディングサイトでの資金調達や、バックパックのデザインに費やした時間は1年ほど。このプロジェクトはのちに「We Carry Kevan」としてCNNやFox Newsをはじめとする多くのメディアで紹介され、世界で広く知られるようになりました。

2016年春、ケヴェンさんは車椅子を空港に残し、フランスへ旅立ちました。そこから始まったのは、友人の背中に乗ってのヨーロッパの旅。

フランスの次はイギリス、アイルランドと、各国の都市や田舎町を訪れました。

52490042878197766536919622090752

彼らは、次に中国への旅を計画しているそうです。

中国では、孤児や、ケヴァンさんのように生活に難を抱える子どもたちが集まる施設を訪問する予定なんだとか。そこには、「人生は可能性に満ち溢れている」ことを自分の経験をもとに子どもたちに伝えたい、というケヴァンさんの思いがあります。

この記事を書くにあたってのケヴァンさんとのやりとりで、彼はこのように語ってくれました。

「なににも縛られることなく、自由に生きられる人間なんていない。でも、何かを作り出す力と、勇気と、仲間がいれば、その不自由さを取り除いて、可能性を引き出すことができるんだ」

このプロジェクトの目的は、アクセシビリティの概念を変えること。

年齢や体の事情で行動が制限される人たちを救えるのは、手すりやエレベーター、道路の舗装だけではない。いちばん大切なのは、人が人を助けること

技術の発達によって、合理性が重視されるようになったこの世の中で、私たちが決して忘れてはいけないことを、「We Carry Kevan」は教えてくれている気がします。

58121829482496004800222618189824
Licensed material used with permission by We Carry Kevan Inc.
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
旅には、人生が凝縮されています。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
林 季一郎 Kichiro Hayashi平岩 隆 Takashi Hiraiwa世界一周の旅のテーマは、本物の冒険を共有すること。林さんは慶應大学、平岩...