家具職人が木製サーフボードの次にプロダクト化を始めたもの。

ここにも一人、サーフィンにとりつかれた男がいる。

北欧スウェーデンの南部に暮らすPeter Jarl。家具職人というバックグラウンドを持つ彼はサーフボードを独学でつくり始めた。木材と向き合う彼ならではの、木製サーフボード、まずはその凛としたPeterの手仕事からじっくり堪能してほしい。

オールハンドメイドの
サーフボード

023fe53a192c65ef448611b170851de8048a69d7

職業カーペンター、そしてシェイバー。二足のわらじがPeterの日常だ。オールハンドメイドでつくるボードは、自宅のガレージでつくる趣味レベルのもにしては、明らかに度を超えたクオリティ。今でこそ少なくなった木製のサーフボード。だが、木材と親しんできたPeterは、杉と桐の特性を活かし、それを巧みに操ることでオンリーワンのボードをつくりあげる。

F85dae6af31df0aec8eeeac4e5b90dab0e0dc19723a6bfcd68598debd6740b8c984b9523bc070faa

動画をチェックしてほしいのだが、Peterのライディングはお世辞にも優雅とはいえない。それでも、木製ボードと一体化する姿は、なぜかとても気持ちよさそうに映る。

木材を熟知した職人が手がける
オンリーワンの「クルーザー」

1763cc6e2bac44e08b6beb05068ce673cc4a346f

さて、そのPeterが同じ製法でつくりあげるスケートボードをここで紹介したい。クルーザーと呼ばれる長めの板も、サーフィンボード加工の技術が生かされた特注品。だが、Peterの進化はこれに留まらない。彼は、このクルーザーを電動化しようというのだ。

Eeb53e47873283a1366bebfa0a52aceb1b44ca04

現在、Peterは「Kickstarter」を通じてハンドメイドの電動クルーザーのプロトタイプをつくるプロジェクトが進行中。資金が調達できれば注文が始まり、プロダクトの生産へと移行するそう。

このプロジェクトは4段階のレベルでサポートが可能。金額によっては、自分の名前や顔写真をクルーザーに刻むことができるようなので、興味のある人はコチラをチェック。

電動スケートボードは、米国サンフランシスコの人口増加による慢性的な交通渋滞という背景から、新しい移動手段として、いま大きな注目を集めている。

個人的には、電動でなくても充分に魅力的だと感じるが…。日本同様に規制があるエリアも多いはずなので、目標額を達成した曉には、電気部品がないノーマルバージョンでの販売も検討してもらいたいと願っている。

Licensed material used with permission by Andreas Gartmyr
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
「STORY」は、銀色の球体が木製の台の上を浮遊し、時間を知らせてくれるプロダクト。とはいえコレ、もはや単なる時計以上の存在だと思います。というのも、時の...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
2017年の4月から、バンタンデザイン研究所高等部東京校のコースに「スケートボード&デザイン専攻」が新設される。日本で最初のスケーター養成高校だ。スケボー...