玄関に置かれた「Tobiishi」が、地味ながらも気が利いてる。

「ありがとう、ダンカン・ショットンさん」。

このプロダクトを見て、思わず生みの親を検索してしまった。そして、イギリス人デザイナーに感謝した。あなたのおかげで、これまで多くの日本人が「イケないこと」とわかりつつやってしまっていた“あの行為”と、ようやくサヨナラできる。

舞台は家の玄関。配達員が、荷物を届けるためにあなたを訪ねてきたシーンを思い浮かべてほしい。

「は〜い、いま出ます」
の時にやっちゃってたアレ

こんなことは言わずもがなだけど、上のような状況では、「一度靴を履いてから来客対応する」が理想。でも、ちょっとキツめの靴しかない場合に、わざわざそこで無駄なエネルギーを消耗したくはない。ドアの向こうの相手を待たせないように、なんて心情を抱いたりもするし。

で、ちょっとした罪悪感を抱きつつ、玄関に片足をつけて扉を開けるんだ。ドアノブまで体を無理やり伸ばして、なんとか粘ろうとすることもあるけど、配達員は基本的に中へは入ってこないから“悪あがき”もそこまで。いずれにせよ、足の裏はほんのちょっと汚れてしまうことになる。

堂々と「一歩」を踏み出せる

そこでこの「Tobiishi」の出番。これまで玄関にはなかった「清潔地帯」を作り出してくれるので、堂々と一歩を踏み出せるというわけ。

ダンカンさんは、その名の通り「飛び石」にインスパイアされて商品開発を始めたそう。特に映画『ロスト・イン・トランスレーション』で、スカーレット・ヨハンソンが訪れた平安神宮にある池がアイデアの源になったんだとか。

もちろん石のように硬くはなく、柔らかい合成皮革でできている。滑り止め加工もされているので、靴下を履いていてもおそらく大丈夫だろう。

3色展開で、価格は1,945円。購入はこちらから。これでもう、あの罪悪感を抱かずに済みそうだ。

Licensed material used with permission by Duncan Shotton Design Studio
紹介するのは、何度も来るしつこい勧誘に疲れた人にオススメの玄関マットです。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
一緒に仕事をしていると何故か心地良かったり、仕事がスムーズに進んだりすることってありますよね。そんな「気が利く人」には必ずと言っていい程、共通する特徴が…...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
オフィスのデスクに置くだけでその場が華やぐ、数々の魅力のある製品を生み出すプロダクトレーベル「ジャッカル」と話題のアイテムについてご紹介します。
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
世界に1%程度と言われている、両利きの人。そんな珍しい「両利き」の日本人アーティスト、Toruさんはさらに珍しい技の持ち主。なんと、両手それぞれで、しかも...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
マカオの住宅街を散歩していると、家の玄関にこういう郵便受けが掛かっている風景をよく見かけました。
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。